beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ラストチャンスの指揮官を救えるか…合流直後の本田が合宿参加を希望

このエントリーをはてなブックマークに追加

 24日に行われたセリエA第20節でラツィオに1-3で敗れ、5試合白星なし(2分3敗)と不振が続くミラン。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は27日に行われるコッパ・イタリアのラツィオ戦が、フィリッポ・インザーギ監督の進退が懸かった一戦になると報じている。

 瀬戸際に追い込まれたチームに、アジア杯に参加していた日本代表MF本田圭佑が合流した。クラブ公式ウェブサイトによると、25日にミラネッロでトレーニングを行った本田は、チームメイトとともにチームの合宿に参加することを希望。27日のラツィオ戦に向けて、コンディションを整えようとしているようだ。

『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、すでにインザーギ監督の後任として、アシスタントコーチのマウロ・タソッティ氏やローマなどを率いたルチアーノ・スパレッティ氏などの名前が挙がっている。果たして本田はピッチに立ち、チームを、そして指揮官を救うことができるだろうか。


▼関連リンク
セリエA2014-15特集

TOP