beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

地元・豪州がアジア杯初制覇!!韓国は55年ぶりVならず

このエントリーをはてなブックマークに追加

[1.31 アジア杯決勝 韓国1-2(延長)オーストラリア シドニー]

 アジア杯決勝が31日、シドニーのスタジアム・オーストラリアで行われ、ホスト国のオーストラリア代表が延長戦の末、韓国代表に2-1で競り勝ち、大会初優勝を飾った。55年ぶりのアジア制覇を目指し、準決勝まで無失点で勝ち上がってきた韓国。0-1の後半アディショナルタイムに追いつく粘りを見せたが、延長戦で力尽き、準優勝に終わった。

 オーストラリアは前半9分、MFミル・ジェディナクが直接FKを狙うが、クロスバーの上へ。韓国も同24分、MFキ・ソンヨンの左FKにDFカク・テヒが頭で合わせたが、枠を捉え切れなかった。オーストラリアは前半25分、FWティム・ケーヒルのシュートもGKキム・ジンヒョンの好セーブに遭った。

 徐々に攻勢を強める韓国は前半37分、左サイド深くに切れ込んだDFキム・ジンスの折り返しにMFソン・フンミンが左足ボレーで合わせるが、ゴール左へ。直後の38分にもDFチャ・ドゥリが右サイドを駆け上がり、マイナスのクロスにソン・フンミンが右足で合わせたが、DFのブロックに阻まれた。

 すると前半終了間際の前半45分、オーストラリアはDFトレント・セインズバリーの縦パスを受けたMFマッシモ・ルオンゴが素早く前を向き、PA手前から右足を振り抜いた。これがゴール右隅に吸い込まれ、今大会無失点の韓国の牙城を崩す値千金の先制点となった。

 1点リードで前半を折り返したオーストラリアは後半に入っても韓国の反撃を粘り強く跳ね返す。後半19分、ケーヒルに代えてFWトミ・ユーリッチを投入すると、後半26分にFWロビー・クルーズ、直後の30分にはDFイバン・フラニッチが負傷交代するアクシデント。立て続けにカードを切り、交代枠を使い切った。

 必死の反撃に出る韓国は終盤、カク・テヒもゴール前に上げてパワープレーに出る。すると後半アディショナルタイム、ハイボールにカク・テヒが競ったこぼれ球を拾ってつなぎ、キ・ソンヨンのワンタッチパスからソン・フンミンが左足を振り抜いた。土壇場の同点弾で1-1。試合は延長戦にもつれ込んだ。

 両チームともに疲労がピークに達する中、気持ちの勝負となった延長戦。互いに攻め合うオープンな展開からオーストラリアは延長前半15分、右サイドのゴールライン際で粘ったユーリッチが巧みなボールタッチで突破し、ゴール前に折り返すと、キム・ジンヒョンが前に弾いたボールを途中出場のMFジェームス・トロイージが右足で蹴り込んだ。

 執念で勝ち越しに成功したオーストラリアは延長後半の15分間をしのぎ切り、2-1で勝利。アジア杯3回目の出場で初優勝を飾るとともに、2017年にロシアで開催されるコンフェデレーションズ杯への出場権も獲得した。


▼関連リンク
アジア杯2015特集

TOP