beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

待望のゴールが決勝点!バロテッリ破顔「グレートゲーム」

このエントリーをはてなブックマークに追加

[2.10 プレミアリーグ第25節 リバプール3-2トッテナム]

 リバプールは10日、プレミアリーグ第25節でトッテナムと対戦し、3-2で勝利した。同点で迎えた後半38分にイタリア代表FWマリオ・バロテッリが奪ったリバプール移籍後プレミアリーグ初ゴールが決勝点になった。順位は7位と変動はなかったが、勝ち点を42に伸ばしたリバプールは、3位サウサンプトンまでの暫定の勝ち点差を「3」としている。

 待ちに待ったゴールがようやく決まった。後半29分から途中出場したバロテッリは、同38分、右サイドからMFアダム・ララナが入れたグラウンダーのクロスに反応。DFの背後に回ったイタリア代表ストライカーは、右足で難なく押し込み、一進一退の攻防に決着をつけた。

 昨年夏の移籍でリバプールに加入したバロテッリ。だが、加入後9試合連続で出場したものの、無得点に終わると、第12節以降はベンチを温めることも多くなった。この日もリーグ戦は4試合ぶりの出場。復活の狼煙を上げるゴールにしたいところだ。

 バロテッリは試合後、『インスタグラム』を更新。「グレートゲームだったよ、みんな!!!このスマイルはいつも私を信じ、サポートしてくれるみんなのものだ。ありがとう」と、満面の笑みを浮かべた写真を掲載。「でも今夜はもう過去のこと。これからもハードワークを続けて行くよ」とメッセージを残している。

[写真]試合後満面の笑みを浮かべるバロテッリ(@MB459)

TOP