beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

最新FIFAランク発表:アジア杯8強敗退の日本は1つ下げて55位…アジア3位に後退

このエントリーをはてなブックマークに追加

 国際サッカー連盟は12日、最新のFIFAランキングを発表した。

 1月に行われたアジア杯で5大会ぶりに準々決勝敗退となった日本は前回から順位を1つ下げて55位となり、準優勝に終わった韓国にかわされてアジア3位に後退した。また、同大会で優勝を果たしたオーストラリアは、100位から大きく順位を上げ、63位となった。

 上位ではフランスが1つ順位を下げて8位。スペインがウルグアイに抜かれ、10位となった。また、アフリカネイションズ杯で優勝したコートジボワールが8つ順位を上げて2014年1月以来のトップ20入りを果たしている。

 なお、次回発表は3月12日を予定している。

上位20チームの順位は以下のとおり
※()は前回順位 

1.(1)ドイツ
2.(2)アルゼンチン
3.(3)コロンビア
4.(4)ベルギー
5.(5)オランダ
6.(6)ブラジル
7.(7)ポルトガル
8.(7)フランス
9.(10)ウルグアイ
10.(9)スペイン
11.(12)スイス
12.(11)イタリア
13.(16)コスタリカ
14.(14)チリ
15.(13)イングランド
16.(15)ルーマニア
17.(17)チェコ
18.(18)アルジェリア
19.(19)クロアチア
20.(28)コートジボワール
……………
41.(51)イラン
54.(69)韓国
55.(54)日本
63.(100)オーストラリア
66.(80)UAE

TOP