beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「高校選抜に選ばれることが目標」山梨学院CB大野佑哉が好守で存在感

このエントリーをはてなブックマークに追加

 1年間、コンビを組んだCB渡辺剛(3年)への注目度が高かったが、元清水エスパルスヘッドコーチの山梨学院高・吉永一明監督はCB大野佑哉(3年)について「かなり能力高い」と信頼を口にしていた。その高い評価を実証するように、大野は全国高校選手権3試合をわずか1失点で終え、渡辺とともに大会優秀選手に選出。日本高校選抜候補にも名を連ねた。

 大野は選手権について「個人としても、チームとしても日本一の一体感をもってやっていくという形でやっていた。たくさんの皆さんに応援して頂いて、それに結果として応えることはできなかったけれど、いい経験になった」と振り返る。チームとして結果を出すことはできなかったが、一体感を持って戦い、今後に繋がる経験をすることができた。そして2月8日から10日に行われた日本高校選抜の選考合宿で大野は臆することなく自分を出し、駒澤大戦で圧巻の連続シュートブロック。会場がどよめくほどのビッグプレーを連発し、ゴールを死守したCBはその存在価値をまた高めていた。

 今回の合宿ではCBに加えて左右両SBも体験。SBでは相手のスピードに対応できないシーンもあったが、空中戦の強さ、PAの攻防戦でゴールを守りきることのできる力は注目だ。最短の目標を「高校選抜に選ばれることが目標」と掲げたDFが欧州遠征メンバー生き残りを目指す。

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
【特設】高校選手権2014

TOP