beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ミラン、次節は本田が先発落ちも? ベンチ入り予想の15歳GKにも注目

このエントリーをはてなブックマークに追加

 22日のセリエA第24節でチェゼーナと対戦するミランフィリッポ・インザーギ監督は、MF本田圭佑をベンチスタートにするかもしれない。一方、そのベンチに15歳のGKジャンルイジ・ドンナルンマが座る可能性も騒がれている。

 前節エンポリ戦で1-1と引き分けたミラン。ホームで格下相手に不甲斐ない内容を見せ、インザーギ監督への批判が再び過熱し、解任説も浮上したが、首脳陣は当面の続投を決めたと言われる。だが、チェゼーナ戦で巻き返しが求められることは確かだろう。

 そのチェゼーナ戦に向け、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は18日、インザーギ監督が4-2-3-1の2列目にMFジェレミー・メネスとMFジャコモ・ボナヴェントゥーラとのほか、MFアレッシオ・チェルチを起用するかもしれないと報じた。試合まで日があるだけに、今後のポジション争いが注目される。

 一方、負傷や出場停止で緊急事態にある守備陣で注目されているのが、25日に16歳の誕生日を迎えるドンナルンマの存在だ。ディエゴ・ロペスが出場停止、ミカエル・アガッツィが負傷とあって、ドンナルンマがクリスティアン・アッビアーティの控えを務めるとみられている。

 ドンナルンマが生まれた1999年は、当時アルベルト・ザッケローニ元日本代表監督が率いていたミランで、アッビアーティのキャリアの分かれ目となった年でもある。当時絶対の守護神だったセバスティアーノ・ロッシ氏が退場し、5試合の出場停止となったことで、21歳のアッビアーティがポジションをつかむことになった。

 まだ15歳にもかかわらず、身長197センチと体格に恵まれたドンナルンマは、先輩アッビアーティの後に続けるか。そして、同じ「ジャンルイジ」であるブッフォンのようになれるだろうか。


▼関連リンク
欧州組完全ガイド
セリエA2014-15特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP