beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

実力不足?ベッカム氏長男、アーセナル下部組織退団へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 元イングランド代表のデイビッド・ベッカム氏の長男、ブルックリン・ベッカムが、所属するアーセナルの下部組織を今季限りで退団することになりそうだ。『デイリーメール』が伝えている。

 15歳のブルックリンは、現在、アーセナルのU-16チームに所属。今月初めには、飛び級でU-18チームへ招集を受けたことが話題となっていただけに、衝撃的なニュースとして報じられている。

 記事によると、ブルックリンは「他の子供達の多くより遅れて始めたので、常に追いつくためにプレーしていた」とのこと。また、周りからもブルックリンがプレーする右MFで他の選手を使った方が、クラブの発展のためになるとの声が出ていたようだ。クラブスタッフはブルックリンの才能を評価しているものの、メリットよりもデメリットが多いと判断したという。

 長男ブルックリンは退団することになりそうだが、次男ロメオと三男クルーズもアーセナルの下部組織ヘイル・エンド・アカデミーに所属している。特にクルーズはチームの10番を背負ってプレーしており、ベッカム兄弟の中では最も将来を嘱望されている。

▼関連リンク
プレミアリーグ2014-15特集

TOP