beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

木村和司氏が脳梗塞…現在は回復傾向と所属事務所

このエントリーをはてなブックマークに追加

 元日本代表の木村和司氏(56)が脳梗塞で搬送されていたことが分かった。所属事務所の有限会社シュートが発表している。

 所属事務所によると、木村氏は今年1月20日に体調不良を訴えたといい、搬送された病院で脳梗塞と診断された。現在は投薬治療、リハビリの成果もあり、順調に回復に向かっているという。本人は現場復帰したいとの意向を示しているが、しばらくの間を休養にあて、リハビリに専念するとしている。

 木村氏は1958年7月19日生まれ、広島県出身の56歳。明治大から1981年に日産自動車に入団。Jリーグ開幕時には横浜マリノスで活躍した。代名詞のフリーキックを武器に、日本代表としては通算54試合に出場して26得点を記録した。2010年から2年間、横浜F・マリノスの監督を務めていた。

TOP