beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

15歳少女と性行為…逮捕のA・ジョンソン、練習復帰が決定

このエントリーをはてなブックマークに追加

 15歳の少女とみだらな行為をした疑いで逮捕されたサンダーランドの元イングランド代表MFアダム・ジョンソンが練習へ復帰することが決まった。保釈期間の決定を受け、クラブがPFAや弁護士と話し合った上で「再びこのクラブで責務を果たす権利があることを決めた」とサンダーランドが声明を発表した。

 英紙『ミラー』によると、サンダーランドはA・ジョソンの弁護士やPFAとの話し合いを行った上で謹慎処分を18日までにしたという。この決定は、A・ジョンソンの保釈期間が5週間延長され、4月23日になったことから決まったとみられる。

 サンダーランドは「現在の状態について、詳細をPFAとA・ジョンソンの弁護士と話し合った。その結果、法的な手続きを踏まえた上で、同選手は再びこのクラブにて責務を果たす権利があることを決めた。そのため、彼はトレーニングに復帰する」と声明を発表。

「クラブ側の独自調査は、法的な手続きが終えるまでは続けることができない。サンダーランドはこの件に関する、現在の警察の調査についてはいかなるコメントも出すことはない」

 A・ジョンソンは2日の早朝、自宅へ私服警官らが訪れて逮捕された。英国での性的同意年齢は16歳だが、15歳の少女がSNS上でA・ジョンソンとの“関係”を自慢したことから、少女の父親が地元警察へ相談。逮捕へ至った。A・ジョンソンのパートナーで2歳年下のステイシー・フラウンダースさんは“無実”を主張。「彼は100%無実。私たち家族は彼の味方よ」と話している。

 一方、警察では被害者の15歳少女が好奇の目にさらされていることを懸念。被害者の代理人は「ダーハム警察はこの件が単なる噂や憶測でしかないということに気づいている。ほとんどがSNS上でつくられたものだ」と説明し、「これは被害者にとっても苦痛になるし、彼女の家族にとっての望ましいものとはとても言えないだろう」と語った。

 なお、被害少女の母親は英紙『ミラー』のインタビューで「私は娘のことを再優先に考えたい。それ以上のことを話したくはないわ」と話すに留めている。

TOP