beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「アンブロGACH1-TR【ガチトレ】キャンプ」サッカー、目標に対する強い想い、G大阪ユースの新主将・注目MF市丸

このエントリーをはてなブックマークに追加

[3.14 アンブロGACH1-TR【ガチトレ】キャンプ予選リーグ G大阪ユースA 4-1 四日市中央工高 J-GREEN堺]

「サッカーがなかったら何も残らない」。それほどサッカーに懸けている。ガンバ大阪ユースの主将で注目司令塔でもあるMF市丸瑞希(新3年)は今年、憧れの存在であるトップチームのMF遠藤保仁と同じ背番号「7」を背負う。そのMFは「サッカーを大好きで真剣に取り組んでいる人たちをサポートしたい。ガチで楽しみつつサッカーをしてもらう。サッカーを通じて交流してもらう」というコンセプトの下で開催された第1回「アンブロGACH1-TR【ガチトレ】キャンプ」(3月14日、15日)に、「組み立てのところではある程度自分の代やったらできる自信があるので、あとは決定的な仕事がまだまだ少ないんでそこをもっともっと増やしていければもっともっと上に繋げて行けると思う」という課題を持って臨んでいた。

 四日市中央工高との初戦では4-1-4-1システムの2列目でプレー。これまで務めてきたボランチよりもひとつ前のポジションでプレーした市丸はより高い位置で1タッチ、2タッチのパスを通し続けていた。ボランチで見せるプレー同様にミスなく攻撃をコントロールし、ややDF間が狭い状況でもプレッシャーが甘ければ、確実にゴール方向へパスを通して見せる。「きょうは組み立てよりもゴール前の決定的な仕事を意識してやっていて、そういうのはあまりできなかったんですけど、アシストの前のパスとかそういうのはできたんで、手ごたえとしてもあったかなと思います」。意識していたことを表現することができなかったことに満足してはいなかったが、それでも快勝劇の中心にいたのは背番号7だった。

 今年はトップチームへの大量昇格も期待されるほどタレント集う世代。その注目集まるチームで主将を務める。「2年の時に副キャプテンさせてもらって、自分がこのチームをまとめたいと2年の時に思って立候補しました。キャプテンは初めて。責任感をもってしっかりとやっていきたい」。情熱的にチームを引っ張るタイプではないかもしれない。それでも非常に頭脳的で、正確性などプレーでチームを引っ張る主将は、リーダーとしての自覚をもってシーズンを迎えようとしている。

 もちろん、トップチームへの想いは強い。「呼ばれた時は精一杯アピールして、どんどんトップに絡んでいけるような選手になっていきたいですね」と市丸。まずはG大阪ユースのリーダーとして、3冠を狙うチームとともにブレることなくシーズンを迎える。プレミアリーグWEST開幕戦(4月12日)はホーム・万博で名古屋U18と対戦。「個人を高めて、チームとしてもいい状態で開幕を迎えて、それを1年間通したら優勝も見えて来る。開幕が一番大事です」。特に重視しているプレミアリーグ開幕戦へ向けて一日一日を意識高く過ごす。

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
「GACH1-TR 11」キャンペーン開催中
第1回アンブロGACH1-TR【ガチトレ】キャンプ特集ページ

TOP