beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

苦手な柏からの勝利を呼び込む同点弾!横浜FM伊藤翔「いつかは勝つ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
[4.4 J1第1ステージ第4節 柏1-2横浜FM 柏]

 横浜F・マリノスの今季公式戦5点目は、待望のFWの選手のゴールとなった。FW伊藤翔は1点ビハインドの後半18分に投入されると、その10分後に結果を出した。MF兵藤慎剛が右サイドバックにポジションを移していたMF三門雄大に送ると、伊藤の頭にピンポイントで合わせた。「いい感じに首を振れて、いいコースにいってくれてよかった」。背番号16は今季初ゴールを振り返った。

 リーグ戦では4試合すべて途中からの出場となっている伊藤。「18人で試合は戦うということ。疲れてきたところで彼(伊藤)を投入することでゲームを活性化させることができる」。エリク・モンバエルツ監督はその理由を説明した。

 横浜FMは柏レイソルと相性が悪く、リーグ戦での勝利は08年10月25日までさかのぼる。さらに、柏はホームの日立柏サッカー場ではリーグ戦16試合負けなし(10勝6分)と無類の強さを誇っている。ホームで柏が強いことを「聞いていた」と伊藤。さらに「マリノス自体が柏に相性が悪いというのも聞いてはいた」という。「いつかは勝つだろうということ。今回こういう形になってよかった」と悪い流れを断ち切った勝利を喜んだ。

「いままでの試合はDFの人たちに助けてもらっていた部分はもちろんありますし、僕らの仕事はこれなんで。今日はやるべきことができてよかった。これを継続していくことが大事」。FWとしてのチーム初得点を挙げた伊藤は、さらなるゴールを誓った。

(取材・文 奥山典幸)

▼関連リンク
[J1]第1ステージ第4節2日目 スコア速報

TOP