beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[関東]慶應義塾大が首位発進!!駒澤大、早稲田大も白星:第1節2日目

このエントリーをはてなブックマークに追加

JR東日本カップ2015
第89回関東大学サッカーリーグ戦1部


 JR東日本カップ2015 第89回関東大学サッカーリーグ戦の第1節の2日目が5日に各地で行われた。慶應義塾大法政大に3-0で快勝し、首位発進している。中央大は2部から昇格してきた神奈川大と1-1で引き分けた。

 慶應義塾大は2部からの昇格組・法政大と対戦。前半17分にFW山本哲平(3年=國學院久我山高)が先制点を奪うと、同37分にはDF宮地元貴(3年=東京Vユース)が追加点。MF端山豪(4年=東京Vユース)が蹴り込んだCKのこぼれを押し込み、2-0に差を広げた。

 後半に入っても攻撃の手を緩めない慶應義塾大。後半12分にはダメ押しの3点目を奪う。ルーキーFW松木駿之介(1年=青森山田高)のアシストから山本がシュートを決め、自身2点目を沈めた。そのまま試合は終了。来季のファジアーノ岡山入団が内定しているDF久保飛翔(4年=済美高)が欠場したものの、3発奪っての完封勝利で白星スタート。首位発進を果たしている。

 第2試合では、元日本代表で岡山や草津(現・群馬)で指揮を執ってきた手塚聡氏が監督へ就任した中央大が神奈川大と激突。前半25分に神奈川大が先制に成功する。主将のMF前田柊(4年=磐田U-18)の浮き球パスから、FW西田子龍(4年=横浜FCユース)がシュートを決めた。

 神奈川大リードで迎えた後半7分、中央大はアクシデントからDF鴨池陽希(2年=F東京U-18)が2枚目の警告を受けて退場。数的不利へ立たされる。それでも同11分、10人の中央大が同点弾。FW古橋匡梧(3年=興國高)のアシストからFW矢島輝一(2年=F東京U-18)がゴールを奪った。そのまま試合は終了。1-1の引き分けに終わった。

 他会場では駒澤大が桐蔭横浜大に2-1で勝利。早稲田大は国士舘大を1-0で下した。開幕戦を白星スタートで切ったのは、慶應義塾大、明治大、駒澤大、早稲田大の4校。3得点での完封勝利を挙げた慶應義塾大が首位へ立っている。
 
(4月5日)
[駒沢公園総合運動場陸上競技場]
駒澤大 2-1 桐蔭横浜大
[駒]吉岡雅和(45分+1=補・平野篤志)、菊池将太(53分=補・平野篤志)
[桐]中島優(90分+4=補・時田和輝)
シュート4本で2発の駒澤大が勝利
MOM:駒澤大GK積田景介


早稲田大 1-0 国士舘大
[早]宮本拓弥(79分=補・田中太郎)
HTに目覚めた早稲田大が完封勝利
早稲田大FW宮本拓弥
国士舘大ルーキーFW大石がフル出場


[BMWスタジアム平塚]
慶應義塾大 3-0 法政大
[慶]山本哲平(17分、57分=補・松木駿之介)、宮地元貴(37分)

中央大 1-1 神奈川大
[中]矢島輝一(56分=補・古橋匡梧)
[神]西田子龍(25分=補・前田柊)

[写真]駒澤大の先制シーン、吉岡のヘディング弾


▼関連リンク
第89回関東大学1部L特集

TOP