beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

鳥栖がDFキム・ミンヒョクの踏みつけ行為にお詫び文を掲載

このエントリーをはてなブックマークに追加

 Jリーグは7日、サガン鳥栖のDFキム・ミンヒョクに対し、4試合の出場停止処分を科した。キム・ミンヒョクは3日のJ1第4節・鹿島戦で、競り合った際に倒れたMF金崎夢生を踏みつけていた。

 この行為についてクラブは、「改めまして、鹿島アントラーズの金崎夢生選手、クラブ関係者の皆さまには深くお詫び申し上げます。そして、ご迷惑をお掛けしたJリーグ関係者の皆さま、いつもご声援を頂いているファン・サポーターの皆さまへ心からお詫び申し上げます」と、声明を発表。さらに「また、キムミンヒョク選手の行為につきましては、平成27年4月7日(火)付けでJリーグ(公益社団法人日本プロサッカーリーグ)より下記の処分を受けましたことを真摯に受け止め、サガン鳥栖ではJリーグの活動理念であるフェアプレーを遵守すべく、二度とこのような事態が発生しないよう再発防止に向けクラブ一丸となって指導を徹底していく所存でございます」と再発防止に務めて行く姿勢を示した。

 最後は「Jリーグにふさわしいクラブとして今後とも精進してまいりますので、引き続き皆さまのご声援をよろしくお願い申し上げます」と結んでいる。

TOP