beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

3連勝で首位浮上のF東京にみなぎる自信 MF米本「1点取ったら勝てる」

このエントリーをはてなブックマークに追加
[4.12 J1第1ステージ第5節 湘南0-1F東京 BMWス]

 試合後の記者会見、FC東京マッシモ・フィッカデンティ監督は選手たちを称賛した。「今日の試合は、まさに予想していた通りのものとなりました。(湘南が)前から走力を生かしてプレッシャーを掛けてくること、セカンドボールを拾うことが大事になることが分かっていましたが、その中で選手たちは、この試合を完璧に解釈してくれて、チャンスをたくさんつくり、前線からプレッシャーに行くこともできていました。試合へのアプローチが大事な一戦でしたが、今日の試合へのアプローチは完璧だったと思います」。

 イタリア人監督が指揮を執るようになってから、チームは攻撃時にも徹底的にリスクを排除。相手ボールになれば、最終ラインとトレス・ボランチは素早く帰陣してブロックをつくり、PA内で決定的なプレーを許さない。G大阪との開幕戦では2失点を喫したが、それ以降のリーグ戦では4試合連続で相手を完封し、勝ち点を上積みしている。

 結果が出ていることで、選手たちは自信も膨らませている。たとえボールを支配されても、チャンスと捉えることができているとMF米本拓司は言う。「(相手にボールを)持たれた方が、スペースが空くと思うし、武藤選手であったり、石川選手が裏を突けるスペースがあったので、(ボールを持たれても)慌てなかったですし、90分を通して良い守備ができたかなと思います」と、湘南戦を振り返った。

 チームの守備力に、米本は絶対の自信を持っている。「みんな守備の意識が高い。後ろだけではなく、直さん(石川直宏)とか、ヨッチ(武藤)とか、河野(広貴)くんが、すごく走ってくれる。チーム全体の意識がそうなっていると思うし、点を取られる気がしない。1点取ったら勝てるというのがチームに根付いているのは、すごく良いことだと思います」と語った。

 武藤の決勝ゴールをアシストしたDF太田宏介も、「とにかく、絶対ゼロ(失点)で終えることが、一番のテーマ」と、チームのコンセプトを強調し、湘南戦で0-0の状況でも落ち着いて戦えていたと話す。

「その中で、今日に関しては前半から自分のところでのクロスとか、最後までシュートに行けている回数が多かったし、自分でもフィーリングが良かった。いつか絶対にチャンスはくるなと思って戦えていました。それがうまくあの時間帯に出て良かったし、ああやって点が入ったら、自分たちはゼロで抑えることをまた強く意識する。とにかく1-0で終われたことが一番良かった」

 3連勝で浦和に並び、首位に浮上したF東京。悲願のリーグタイトルへ向けて、チームは好スタートを切った。

(取材・文 河合拓)

TOP