beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[関東]慶應義塾大が2連勝で首位キープ、専修大は2戦連続ドローで今季初勝利はお預けに

このエントリーをはてなブックマークに追加
JR東日本カップ2015
第89回関東大学サッカーリーグ戦1部


 JR東日本カップ2015 第89回関東大学サッカーリーグ戦の第2節が11日と12日に各地で行われた。開幕戦を終え、首位に立っていた慶應義塾大駒澤大と対戦し、2-1で勝利。開幕連勝を飾り、首位の座をキープしている。また5連覇を目指す専修大神奈川大と0-0で引き分け、今季初勝利はお預けとなった。

 開幕戦では法政大を3-0で下した慶應義塾大。第2節では駒澤大と対戦した。前半29分にMF松木 駿之介(1年=青森山田高)のアシストからMF端山豪(4年=東京Vユース)のゴールで先制。同36分には端山のアシストから松木がヘディングシュートを決め、2-0と差を広げた。

 迎えた後半26分にはMF平野篤志(4年=大宮ユース)のFKからDF宮坂瑠(3年=三浦学苑高)にヘディングシュートを決められ、2-1に詰め寄られるも、そのまま逃げ切り試合は終了。勝利した慶應義塾大は首位をキープしている。

 なお、1得点1アシストを記録した慶應義塾大のMF松木は青森山田高出身のルーキー。開幕戦で先発フル出場すると、アシストも記録して大学デビューを飾った。続いて迎えた第2節でも、1得点1アシストの活躍で、チームの首位キープへ大きく貢献している。今季の新人賞候補筆頭となりそうだ。

 また5連覇のかかる専修大は神奈川大と戦い、0-0で引き分けた。9本のシュートを放ったものの、ゴールネットは揺らすことができず。勝ち点1を上乗せするにとどまり、今季初勝利はお預けとなっている。中3日で迎える第3節で専修大は法政大と戦う。なんとしてでも、今季初の白星獲得といきたいところだ。

 他の結果では、明治大はFW藤本佳希(4年=済美高)の2得点1アシストの活躍で法政大に3-2で競り勝ち、2位をキープ。慶應義塾大と明治大だけが開幕連勝を果たしている。流通経済大国士舘大に1-0の完封勝利を収め、今季初勝利で3位へ浮上した。

 堀池巧監督の率いる順天堂大中央大と戦い、2-1で今季初勝利。中央大はルーキーのDF安在達弥(1年=東京Vユース)が先発で大学サッカーデビューを飾ると、前半25分には1-1に追いつく同点弾をアシスト。しかし、チームは後半43分に失点すると1-2で敗れた。

【第2節】(4月11日)
[保土ヶ谷公園サッカー場]
専修大 0-0 神奈川大

[多摩市立陸上競技場]
国士舘大 0-1 流通経済大
[流]塚川孝輝(14分)

早稲田大 1-1 桐蔭横浜大
[早]山内寛史(54分=補・宮本拓弥)
[桐]山根視来(81分)

[駒沢公園総合運動場陸上競技場]
慶應義塾大 2-1 駒澤大
[慶]端山豪(29分=補・松木駿之介)、松木駿之介(36分=補・端山豪)
[駒]宮坂瑠(71分=補・平野篤志)

明治大 3-2 法政大
[明]藤本佳希2(41分、48分)、木戸皓貴(80分=補・藤本佳希)
[法]柳沢拓希(70分=補・山田将之)、高田一輝(88分=補・永戸勝也)

(4月12日)
[ゼットエーオリプリスタジアム]
順天堂大 2-1 中央大 
[順]新里涼(5分)、坂圭祐(88分=補・新里涼)
[中]矢島輝一(25分=補・安在達弥)


▼関連リンク
第89回関東大学1部L特集

TOP