beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[CL]判定への意見が分かれる…M・スアレス:「審判はひどかった」 カルバハル:「審判はよくやった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 14日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝ファーストレグのアトレティコ・マドリー対レアル・マドリーは、0-0の引き分けに終わった。アトレティコ側は主審のジャッジに不満を示し、レアル・マドリー側は判定を評価している。

 この試合の警告でセカンドレグは出場停止となるアトレティコMFマリオ・スアレスは、ミロラッド・マジッチ主審に不満がある。スペイン『アス』が、M・スアレスのコメントを伝えた。

「審判はかなりひどかった。このようなCLベスト8の大事な試合にセルビア人の審判は向かないよ。こんな試合でセルビア人が笛を吹くなんてね。セカンドレグは、流れを切らずに、普通のレフェリングを期待している。今回、審判はあるべきレベルになかった」

 一方で、レアル・マドリーはDFダニエル・カルバハルは主審を評価している。

「このような試合は審判にとって難しいものだ。緊張感があるし、彼はよくやっていたよ」

「(M・スアレスは批判していたが)それは彼の意見だ。その判定に正しいものもあれば、間違いもあった。両チームにとってね。例えば、マルセロに対するイエローカードは間違いだ。(累積警告で)出場停止にすべきではないよ」

▼関連リンク
リーガ・エスパニョーラ2014-15特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP