beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[関東]明治大は流通経済大とドローで連勝ストップ、専修大は2連敗で最下位転落:第4節

このエントリーをはてなブックマークに追加
JR東日本カップ2015
第89回関東大学サッカーリーグ戦1部


 JR東日本カップ2015 第89回関東大学サッカーリーグ戦の第4節が18日に各地で行われた。唯一の3連勝で首位に立つ明治大流通経済大と対戦し、1-1で引き分けた。連勝はストップしたものの勝ち点1を上乗せすると、首位の座をキープした。一方、5連覇を目指す専修大は最下位・桐蔭横浜大に0-1で敗れると、2連敗の4戦勝ち無し(2分2敗)で最下位へ転落した。

 好調ぶりをみせる明治大は流通経済大と対戦。後半2分にMF渡邉新太(2年=新潟ユース)に先制点を決められ、0-1とリードを許す。しかし、終了間際の後半43分に途中出場のFW三苫元太(4年=福岡U-18)がゴールを決め、1-1に追いついた。そのまま試合は終了。4連勝はならなかったものの、勝ち点を10に伸ばすと首位の座をキープした。一方の流通経済大は、勝ちきれなかったものの、開幕からここまで1勝3分と負けなしで4位へつけている。

 好調なチーム同士、慶應義塾大順天堂大の一戦。順天堂大が前半32分にMF米田隼也(2年=静岡学園高)のゴールで先制するも、後半13分に慶應義塾大がDF宮地元貴(3年=東京Vユース)の今季2点目となるヘディング弾で追いつき、1-1。そのまま試合は終了し、勝ち点1を分け合った。

 専修大桐蔭横浜大と対戦。初黒星を喫した3日前の前節・法政大戦(0-1)から先発6名を入れ替え、今季初勝利を目指すも0-1での悔しい敗戦。後半19分にMF山根視来(4年=ウィザス高)に許したゴールが決勝点となってしまった。桐蔭横浜大は今季4戦目にして初の白星。最下位を脱出し、一気に9位へ浮上した。

 今季2勝目を挙げたのは駒澤大国士舘大の2校。駒澤大は中央大を2-1で下し、国士舘大は法政大に先制されながらも2-1で逆転勝利した。早稲田大神奈川大は1-1のドローで試合を終えている。

【第4節】(4月18日)
[たつのこフィールド]
駒澤大 2-1 中央大
[駒]室町仁紀(4分)、小口大司(21分)
[中]飯干雄斗(77分)

明治大 1-1 流通経済大
[明]三苫元太(88分)
[流]渡邉新太(46分)

[フクダ電子アリーナ]
国士舘大 2-1 法政大
[国]中村俊貴(26分)、平野佑一(47分=補・荒木翔)
[法]青島拓馬(4分=補・白石智之)

順天堂大 1-1 慶應義塾大
[順]米田隼也(32分=補・新里涼)
[慶]宮地元貴(58分=補・端山豪)

[味の素フィールド西が丘]
早稲田大 1-1 神奈川大
[早]金澤拓真(6分=補・堀田稜)
[神]鈴木翔大(17分=補・赤尾凌)

専修大 0-1 桐蔭横浜大
[桐]山根視来(64分=補・今関耕平)


▼関連リンク
第89回関東大学1部L特集

TOP