beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

アダイウトン今季6点目&ジェイ先発復帰弾、磐田が東京Vに快勝

このエントリーをはてなブックマークに追加
[4.19 J2第8節 磐田2-0東京V ヤマハ]

 ジュビロ磐田はホームで東京ヴェルディに2-0で快勝し、2試合ぶりの白星を飾った。これで5試合負けなし(4勝1分)となり、次節26日にはアウェーで千葉との上位対決に臨む。

 磐田は前半6分、高い位置でボールを奪い、FWジェイが左足でミドルシュート。これはGKの正面を突いたが、序盤から試合の主導権を握った。東京Vのファーストシュートは前半39分。MFブルーノ・コウチーニョが直接FKを狙うが、GKカミンスキーが弾き出した。

 スコアレスで折り返した後半10分、磐田はDF櫻内渚の右クロスにファーサイドから走り込んだMFアダイウトンがヘディングシュートを叩き込み、先制点。アダイウトンは2戦連発の今季6点目となった。同14分には5試合ぶりの先発復帰を果たしたジェイがDFコ・ギョンジュンに倒され、PKを獲得。これを自らゴール右に決め、2-0とリードを広げた。

 後半35分にアダイウトンが2枚目の警告で退場処分を受け、終盤は数的不利に立たされた磐田だが、今季初先発のDF坪内秀介が体を張ったディフェンスを見せるなど、守備陣が奮闘。2-0の完封勝利で勝ち点3を獲得した。


▼関連リンク
[J2]第8節 スコア速報

TOP