beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

今季初先発も苦い結果に…湘南MF山田「完敗を認めるしかない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

[4.25 J1第1ステージ第7節 横浜FM3-0湘南 日産ス]

 今シーズン、浦和レッズから湘南ベルマーレに加入したMF山田直輝は、25日の横浜F・マリノス戦で、今シーズン初となる先発出場を果たした。しかし、3トップの左に入った前半は、ほとんどボールを受けられず。2列目にポジションを移した後半もチャンスをつくれずに、チームも0-3の完敗を喫した。試合後はゴール裏のサポーターからもブーイングが飛んだ。

 試合後、山田の口からも「湘南らしいサッカーができなかった。完敗っていうのを認めるしかない。自分たちのスタイルをもう一回見つめ直してやっていかないといけない」と厳しい言葉が聞かれている。

 攻守にアグレッシブなサッカーが、湘南の持ち味だが、この日はその姿が鳴りを潜めた。「前線からのプレスも行けていなかったし、ボールを持っても縦にボールが入らない。消極的なプレーでのミスが多いのは、湘南が目指すスタイルと真逆だったと思う」と山田は唇を噛み、「まず前の動きがよくなかった。前に入って来たボールもロストしてしまうことが多かった。そういう部分で今日は申し訳なかった気持ちが、僕自身の中ではすごく大きいです」と自身のプレーを反省する。

 これでF東京戦(0-1)、G大阪戦(0-2)に続き、無得点で3連敗。これまでの2試合では、湘南が良さを出す場面もあったが、この試合は完敗だった。厳しい言葉を続けた山田だったが、同時に「長いシーズンの中で、こういう試合はあると思う」と、切り替えることの重要性を口にした。

「今日はよくなかっただけで、3連敗していますが、その前の2試合はどちらが勝ってもおかしくない試合だったと思っています。今日の1試合だけを見て、『深刻だ』と思うのは、逆に危ないと思っている。湘南のスタイルを認識してやるしかないと思います。連戦なので、今日の試合を引きずらず、顔を上げていかないといけない」と、中3日で迎える鳥栖戦に気持ちを切り替えた。

(取材・文 河合拓)
▼関連リンク
[J1]第1ステージ第7節1日目 スコア速報

TOP