beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

今日にも3連覇決定のバイエルン、ペップ「もうほとんど優勝だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

[4.25 ブンデスリーガ第30節 バイエルン1-0ヘルタ・ベルリン]

 ブンデスリーガは25日、第30節2日目を行い、バイエルンはホームでヘルタ・ベルリンと対戦し、1-0で競り勝った。4連勝で勝ち点を76に伸ばし、2位ボルフスブルクとの勝ち点差は暫定で「15」。26日にボルシアMGと対戦するボルフスブルクが引き分け以下に終われば、その時点でバイエルンの3連覇が決まる。

 たとえ残り4試合に全敗し、ボルフスブルクが残り5試合に全勝して勝ち点で並ばれたとしても、得失点差で「32」(バイエルン+64、ボルフスブルク+32)の開きがあるため、バイエルンの優勝は確実となっている。こうした状況を受け、ジョゼップ・グアルディオラ監督はクラブの公式サイトで「我々はもうほとんど優勝だ。だからあとは他の大会に集中しなければ」とコメント。事実上の優勝宣言をしている。

 中2日の28日にはDFBポカール準決勝でドルトムントと対戦する。UEFAチャンピオンズリーグでも5月6日、12日にバルセロナと準決勝を戦う。ビッグマッチが続く過密日程に「長いプレー時間が足の負担となっているし、休みも少ない。チームはよくやっているよ。選手たちのことは本当に誇りだ」と選手をねぎらいつつ、「完全に疲弊し切っているが、次にまた大事な挑戦が待ち受けている」と、ポカール準決勝を見据えた。


▼関連リンク
ブンデスリーガ2014-15特集

TOP