beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

退場はわざと?8連敗のカーバー、不満爆発

このエントリーをはてなブックマークに追加

 泥沼のニューカッスルの雰囲気は悪くなる一方だ。2日のレスター・シティ戦に敗れた後、ジョン・カーバー監督がDFマイク・ウィリアムソンを非難した。

 ウィリアムソンは、3点ビハインドで迎えた62分に退場となった。タッチライン際を突破された同選手は、相手FWジェイミー・バーディの足にタックルを見舞い、2枚目のイエローカードで退場を命じられている。

 カーバー監督は、ウィリアムソンの判断がどうしても理解できない様子。試合後の指揮官のコメントをイギリス『BBC』などが伝えた。

「私は、彼が故意にやったと思う。ボールはピッチを出たところにあった。彼がタックルに行く必要はなかったはずだ。彼はこれで2試合の出場停止だ」

 カーバー監督を納得させる闘志を見せているのは、MFジャック・コルバックだけだ。

「もし、私のロッカールームに11人のジャック・コルバックがいたら、我々はヒーローになれるだろう。ファンが望むのは、ハードに戦う準備ができていて、気持ちを持ってすべてを出し切れる選手だ」

 ニューカッスルはこれで8連敗。不振を極めており、降格ラインとの勝ち点差はわずか2ポイントである。


▼関連リンク
プレミアリーグ2014-15特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP