beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[関東]流通経済大がDF田上&MF西谷のゴールで中央大下す、連勝&開幕無敗を守る

このエントリーをはてなブックマークに追加

[5.3 関東大学1部リーグ・第6節 流通経済大2-1中央大 青木町]

 JR東日本カップ2015 第89回関東大学リーグ戦1部の第6節が3日に各地で行われた。第1試合では、開幕から5戦無敗の3位流通経済大と5位中央大が対戦。流通経済大が前半37分にDF田上大地(4年=流通経済大柏高)のヘディングシュートで先制すると、後半5分にはMF西谷和希(4年=鹿島学園高)が追加点。終了間際にPKで失点したものの、2-1で連勝を飾ると無敗を守った。

 流通経済大は、左足かかとの負傷で離脱していたDF湯澤聖人(4年=流通経済大柏高)が今季初先発。来季の柏レイソル入団が内定しているDFが開幕6試合目にして、右SBとして初めてピッチへ立った。またルーキーDF小池裕太(1年=新潟ユース)は3試合連続で先発。全日本大学選抜MF中村慶太(4年=流通経済大柏高)は前節・早稲田戦に続いて、左太もも裏肉離れの影響でベンチ外となった。

 中央大では、ルーキー左SB山中登士郎(1年=山梨学院大附高)が開幕から6戦連続の先発出場。開幕から5戦6発で得点ランキング単独トップに立つFW矢島輝一(2年=F東京U-18)は1トップを務めた。

 立ち上がりから押し込んだのは流通経済大。開始5分、小池の右CKはゴール前のDFにクリアされる。こぼれに反応したMF塚川孝輝(3年=広島観音高)がシュートを打つも、クロスバー上方へ外れた。直後には左CKからニアサイドへ飛び込んだ田上がヘディングシュートも枠を外れる。その後も攻守の切り替えの早さで中央大を圧倒。激しいプレスでボールを奪っては、攻撃へ転じた。

 前半20分には小池がPA右へ切れ込む。切り返しから、シュートを打つもGK置田竣也(3年=星稜高)に弾かれる。こぼれを拾った塚川がシュートを放つも枠外。同26分にはPA左から持ち込んだ西谷がシュートを打つも、クロスバーを叩いた。

 それでも前半37分に試合は動いた。左CKからのボールがファーサイドへ流れると、拾った塚川がクロスを入れる。ゴール前へ詰めていた田上が渾身のヘディングシュートを叩き込んだ。流通経済大が先制に成功し、1-0で前半を折り返した。

 中央大は前半15分、センターライン付近で浮き球のこぼれを拾ったDF縣翔平(3年=青森山田高)がダイレクトで前線に蹴り入れる。ゴール前右で受けた矢島が後方からのボールを叩き込むようにボレーで狙うも、ポスト左へ外れた。このシーン以外は決定機はないまま、45分間を終えた。ハーフタイムにはMF石井光(2年=青森山田高)に変わって、FW寺村介(2年=星稜高)を投入した。

 早い時間に追いつこうと交代のカードを切った中央大。しかし、追加点を奪ったのは流通経済大だった。後半5分、左サイドから仕掛けた小池がグラウンダーでマイナスのボールを入れる。ゴール前、最後は西谷がシュートを押し込み、2-0と差を広げた。同17分には、PA手前正面でこぼれを拾った塚川がシュートを打つも、GK置田に弾かれる。PA内左に落ちたボールをFW渡辺直輝(4年=成立学園高)がシュートするも、またもGKに止められた。

 2点を追う中央大は後半20分、MF池谷友喜(2年=熊本ユース)に代えて、FW桜井昴(1年=名古屋U-18)を投入。初めてベンチ入りしたルーキーFWが、途中出場でデビューを果たした。フレッシュな選手がピッチへ立ち、まずは1点を返したい中央大だが、なかなか矢島へボールを入れることができない。同27分には最後の交代カードを切ると、FW翁長聖(3年=帝京大三高)に代えて、FW内田祐介(3年=神戸U-18)を投入した。

 直後に内田がゴール正面からドリブルで仕掛けようとするも、DFにカットされる。その後もカウンターから、フリーの内田が走りこむも、ボールはつながらない。逃げ切りたい流通経済大は後半40分に、塚川に代わってMF森保圭悟(4年=広島ユース)を送る。

 すると後半43分、中央大が左クロス。PA内正面での競り合いで田上が矢島を倒したとして、中央大はPKを獲得した。これをゴール左上へ矢島が突き刺し、土壇場で2-1と差を詰める。最後に猛攻を仕掛けた中央大だったが、試合はそのまま終了。流通経済大が2-1で逃げ切り、連勝を飾った。

(取材・文 片岡涼)

▼関連リンク
第89回関東大学1部L特集

TOP