beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

視線はCLに…4連覇達成のユーベ監督「シーズンは終わってない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

[5.2 セリエA第34節 サンプドリア0-1ユベントス]

 セリエAは2日、第34節を行い、引き分け以上で優勝が決まるユベントスは敵地でサンプドリアを1-0で下し、4連覇を達成した。

 通算31回目のスクデット獲得。マッシミリアーノ・アッレグリ監督は「このスクデットを選手たちに贈りたい。彼らには私が来た1日目から驚かされた。我々は偉大なチームだ」と、選手たちを称賛した。

 昨年7月、突如辞任したアントニオ・コンテ前監督の後任として就任1年目でリーグ制覇に導いた。3連覇中のチームのベースを変えずに継続性を重視したうえで、さらなる進化を遂げさせた。

 DFレオナルド・ボヌッチは「アッレグリ監督はシーズンはじめ、僕たちの慣れたやり方を許してくれた。そして徐々にポゼッションサッカーをベースにした魅力的なサッカーをするチームに変えてくれたんだ」と、その手腕を絶賛する。

 しかし、歓喜に浸っていられる時間は長くない。5日にはレアル・マドリーとの欧州CL準決勝第1戦が待っている。「我々には大きな目標がある。シーズンはまだ終わっていない」。そう気持ちを切り替えるアッレグリ監督は「我々は進歩を続ける。チャンピオンズリーグには大きなチャンスがある」と、イタリア王者としての自信を見せた。


▼関連リンク
セリエA2014-15特集

TOP