beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

意表突く3バックで3戦ぶり白星…横浜FMが名古屋とのミラーゲーム制す

このエントリーをはてなブックマークに追加
[5.6 J1第1ステージ第10節 横浜FM 2-0 名古屋 日産]

 J1は6日、第1ステージ第10節を行い、日産スタジアムでは2連敗中で11位の横浜F・マリノスと2連勝中で6位の名古屋グランパスが対戦し、横浜FMが2-0の完封勝利を収めて3試合ぶりの白星を獲得した。

 ホームの横浜FMは前節山形戦から先発4人を入れ替え、今季リーグ戦初先発となるGK飯倉大樹の他、MF三門雄大、MF藤本淳吾、FWアデミウソンを先発起用。さらに従来の4バックから3バックに代え、システムは名古屋と同じく3-4-2-1を採用した。一方の名古屋は前節湘南戦と同じ11人がスターティングメンバーに名を連ねて、この一戦を迎えた。[スタメン&布陣はコチラ]

 序盤からシュートチャンスを作り出す横浜FMは前半3分、FWアデミウソンがファーストシュートを放つも、GK楢崎正剛の守備範囲に飛んでしまう。さらに同9分にはFW齋藤学のパスを受けたアデミウソンが振り向きざまにシュートを狙ったが、またもや楢崎のセーブに遭ってネットを揺らすには至らない。しかし同10分、ルーズボールを拾った齋藤が右サイドを突破してグラウンダーのクロスを送ると、アデミウソンがゴールに突き刺してスコアを1-0とした。

 1点を先行された名古屋は前半19分、MF小川佳純のCKからDF田中マルクス闘莉王がヘッドで狙うも、MF三門雄大のクリアに遭った。さらに同20分にはFW松田力がミドルレンジからシュートを放ったが枠を捉え切れず、同35分にはFW永井謙佑が思い切りよくロングシュートを狙うも飯倉の手中に収まった。

 その後もシュートまで持ち込もうと攻撃の手を緩めない名古屋だったが、なかなか決定機を創出することはできない。すると、前半アディショナルタイムにMF田中輝希が2度目の警告を受けて退場。ビハインドを背負う中、数的不利に陥ってしまった。

 1-0と横浜FMが1点をリードして後半を迎えると、1人少なくなった名古屋は松田に代えてFW矢野貴章を投入して体制の立て直しを図る。しかし、後半4分には横浜FMがカウンターから好機を生み出したが、前線にボールを運んだ齋藤のパスから抜け出したアデミウソンのシュートは楢崎に阻まれた。

 すると後半6分、横浜FMに追加点が生まれる。MF藤本淳吾のパスから右サイドを駆け上がった小林のグラウンダーのクロスを楢崎が処理ミスしたところを、中町が押し込んでリードを2点差に広げた。さらに同14分にはボールを運んだ小林がPA内まで侵入してシュートを放ったが、3点目とはいかなかった。

 一方の名古屋は後半22分にPA内でボールを受けたFW川又堅碁が左足で狙うも、飯倉にセーブされてしまう。すると、同24分には横浜FMが好機を作り、藤本のパスからDF下平匠が強烈なシュートを放つも、これは楢崎の横っ飛びセーブに阻まれた。さらに同24分にはアデミウソンのパスを左サイドで受けた藤本が左足で狙ったが枠を捉え切れず。

 その後も一人多い横浜FMが主導権を握り続けるが追加点は生まれず。しかし、守備陣も名古屋の反撃を許さずに無失点のまま逃げ切り、横浜FMが2-0の完封勝利を収めた。

(取材・文 折戸岳彦)
▼関連リンク
[J1]第1ステージ第10節 スコア速報

TOP