beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

チェルシーなど注視のディバラ、今後2週間のうちに移籍先決定か

このエントリーをはてなブックマークに追加

 才能を高く評価されるパレルモFWパウロ・ディバラは、今夏の移籍が噂され続けている。この夏の移籍市場の注目株について、パレルモのマウリツィオ・ザンパリーニ会長はあと2週間ほどで同選手の今後が決まると話した。

 アルゼンチンからやって来た21歳のディバラは、セリエA第34節までに33試合に先発し、チーム最多の13得点を挙げている。このタレントに対して、マンチェスター・ユナイテッドやチェルシー、アーセナルなどが今夏の獲得を考慮していると言われている。

 ただし、ディバラ本人は最近、イタリアに残りたいと発言している。そのためユヴェントス入りも噂される中、ザンパリーニ会長はこうした憶測が飛び交うのもあと少しだと認めた。あと2週間ほどのうちに、去就が決定すると話している。

 イタリア『ジョルナーレ・ディ・シチリア』に対し、同会長は「少なくとも3チームが本当に興味を示している」と認め、以下のように語った。

「リンゴは熟しており、収穫の準備が整った。最長でも10~15日のうちに、我々は彼の今後を知ることになる」

「取引をまとめるために、選手本人と代理人に会う。サッカーを知っている人間なら、彼のポテンシャルを理解している」

 2012年にイタリアにやって来たストライカーは、ステップアップの時期に差し掛かっている。
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP