beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

なでしこFW岩渕真奈所属バイエルンが39年ぶりのブンデス制覇

このエントリーをはてなブックマークに追加

 女子ブンデスリーガは10日、各地で最終節を行った。日本女子代表(なでしこジャパン)FW岩渕真奈の所属するバイエルンは、ホームでエッセンと対戦し、2-0で勝利した。

 この結果、勝ち点を56に伸ばしたバイエルンは、1976年以来、39年ぶり2度目となるブンデスリーガ制覇を達成した。先発出場した岩渕は、後半29分まで出場し、男女アベック制覇に貢献している。

 なお、3連覇を狙ったなでしこジャパンFW大儀見優季の所属するボルフスブルクは、勝ち点55の2位。同MF安藤梢の所属するフランクフルトは3位だった。

●女子W杯2015特集

TOP