beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ビッグセーブ連発の磐田GKカミンスキー「GKには運が必要なんだよ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

[5.17 J2第14節 大宮1-1磐田 NACK]

 絶体絶命のピンチで、チームを救った。1-1で迎えた後半41分、ジュビロ磐田はPA内で大宮アルディージャのMF家長昭博を倒し、PKを与えてしまう。残り時間5分を切ってのピンチ。しかし、ここでGKカミンスキーが真価を発揮する。大宮FWムルジャのPKを完璧にストップ。後半38分に同点ゴールを決めていたストライカーに、2点目を許さなかった。

 PKの場面について、カミンスキーは「笛が鳴ってから、『右に飛ぼう』と決めたんだ。あとは運だよ。GKには運が必要なんだ」と、サラリと振り返った。この場面以外にも、カミンスキーは好守を連発していた。どのセーブが、もっとも印象に残っているかという質問に対し、「分からないね。すべてのセーブが重用だったよ」と話したが、名波浩監督が「ビッグセーブ」と評した後半34分のMFカルリーニョスのFKセーブには好感触があったようだ。

「あれは難しかった。蹴る瞬間はボールが見えていなかったからね。壁を抜けてから、ボールが右に来ているのが見えたんだ。そこまで強いボールではなかったから、反応して止めることができた」

 3位の千葉と2位の金沢の試合も引き分けに終わり、磐田は首位の座をキープ。敵地での勝ち点1獲得に大きく貢献した24歳の守護神は、「もう今日の試合は終わったから、この瞬間から次の試合がスタートしている。この試合を分析して、修正するところは修正して、勝つために良い準備をしたい」と、次節の群馬戦に切り替えた。

(取材・文 河合拓)

TOP