beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ブラッター会長が声明発表「米国とスイス当局による捜査を歓迎」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 国際サッカー連盟(FIFA)のゼップ・ブラッター会長は27日、FIFAの複数幹部が汚職により逮捕されたことを受け、声明を発表した。FIFAは予定通りに29日に会長選を行う意向を示しているが、UEFA(欧州サッカー連盟)は延期を求めている。

 ブラッター会長の声明文はFIFA公式サイトへ掲載された。「全てのファン、そしてサッカーにとっても、FIFAの組織にとっても、困難な時となってしまいました。今日の出来事によって、多くの人々が我々に失望し、我々に対する見方に影響が及ぶことは理解しています」

「悲しいことですが、このような出来事は明確にするべきです。サッカーにおける不正行為を根絶するために、我々は米国とスイス当局による捜査を歓迎し、FIFAがこれまで取ってきた措置を強化する助けになると信じています」

「変化のスピードに不満を抱えている人は多いでしょうが、私は我々が今後も活動を続けていくと強く言いたい。今日の動きは昨年末に我々がスイス当局に書類を提出したときから始まっていたのです」

「サッカー界で不正は行われていないこと。不正に関わる人々を試合から排除することを私は断言したい。今日の出来事を受け、2018年と2022年のW杯招致に関わる倫理委員会は、ただちに当局から名前を挙げられた者たちに対して、国内外における全てのサッカー関連活動を禁じました」

「我々は関係当局へ協力するなかで、あらゆる不正を根絶します。みなさんの信頼を取り戻し、世界のサッカーが不正行為から解き放たれるために、FIFAの内部へ積極的に働きかけていきます」

TOP