beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

不正は常習化…2010年W杯はモロッコ開催だった

このエントリーをはてなブックマークに追加

 2010年のW杯の開催地は南アフリカではなかった…。汚職疑惑で揺れる国際サッカー連盟(FIFA)で次々と新事実が判明している。『サンデー・タイムス』はボツワナ出身の元理事であるイスマエル・バンジー氏の証言をもとに、2004年5月に行われた理事会で不正が行われていたことを報道。「2010年W杯の開催地はもともとモロッコだった」と結論付けた。

 同氏の証言によると、理事による投票の結果はモロッコが南アフリカを2票上回っていたのだという。しかし、発表されたのは14票の南アフリカに対し、モロッコが10票。元理事は「このことはくれぐれも内密にしてほしい」と言われたと認めている。

 10年W杯については、すでに元FIFA副会長のジャック・ワーナー氏が南アフリカから多額の賄賂を受け取ったとする疑惑がかけられている。元理事はこのことに関しても認める証言をしているという。

TOP