beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[クラブユース選手権U-18]長崎U-18が初の全国へ!福岡U-18、大分U-18も九州予選突破

このエントリーをはてなブックマークに追加
 7月22日より開催される第39回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会の九州代表が決定した。九州予選決勝ではU-17日本代表DF冨安健洋とMF四ヶ所昌宏のゴールによってアビスパ福岡U-18大分トリニータU-18に勝利。九州予選を制したアビスパ福岡U-18(福岡)は16回目、同2位の大分トリニータU-18は11回目、そして3位・V・ファーレン長崎U-18は初の全国大会出場となる。

【九州】
[決勝]
アビスパ福岡U-18 2-1 大分トリニータU-18

[3位決定戦]
サガン鳥栖U-18 0-3 V・ファーレン長崎U-18

[準決勝]
アビスパ福岡U-18 2-1(延長)サガン鳥栖U-18
V・ファーレン長崎U-18 0-1 大分トリニータU-18

[決勝ラウンド1回戦]
アビスパ福岡U-18 10-0 春日イーグルスU-18
サガン鳥栖U-18 2-1 アミーゴス鹿児島U-18
ロアッソ熊本ユース 0-1 V・ファーレン長崎U-18
ギラヴァンツ北九州U-18 0-2 大分トリニータU-18

TOP