beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

インテルサポーターはネズミ? パートナーの失言で「ミスター・ビー」が謝罪

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミラン株式の買収を交渉しているビー・タエチャウボル氏のパートナーが、インテルサポーターを侮辱するツイートをしたことが騒がれている。ビー氏はこれを受け、インテルに謝罪した。

 発端は、タエチャウボル氏とミランのシルビオ・ベルルスコーニ名誉会長の交渉を仲介したヴィクトル・パブロ・ダナ氏が、イタリア『コッリエレ・デッラ・セーラ』のツイートをリツイートし、そこでインテルサポーターを侮辱したことだ。

 一般紙『コッリエレ・デッラ・セーラ』が、「ミラノがネズミに侵される。地下に500万匹」と記事のツイートをしたところ、ダナ氏がこれを引用し、さらに「インテルファンのことだろう!」と付け加えた。

 ダナ氏の発言は、インテルと獲得を争っていたMFジェフリー・コンドグビアを逃すなど、ミランの補強がうまくいっていないことへの皮肉に対する“反論”だったと思われる。

 その後、ダナ氏はツイートを削除したが、「ツイートは消したが、インテルファンから610もの罵倒ツイートがあった。それはもうやめ、関係者に仕事をさせるべきときだと思う」とコメント。「ミランはリスペクトすべきだ! 最初から君らインテリスタたちは偽アカウントに隠れて攻撃してきた」と不満を吐露し続けた。

 一方で、タエチャウボル氏は自らの『ツイッター』で、「インテルサポーターに謝罪する。ダナのコメントは私のコメントではない。彼はミランの一員ではなく、そうなることもない」とコメント。「サッカーとはスポーツマンシップであり、リスペクトだ。非常に不快な出来事であり、我々は決して許さない」とダナ氏に厳しい姿勢を取っている。

 その後、ダナ氏も「非常に不愉快な私のツイートを、インテルファンに謝罪する」と謝罪ツイートを掲載した。

 ダナ氏がSNSにおいてミラン関係者のように振る舞うことには批判の声もあり、タエチャウボル氏は先日も「ダナは私の代表ではなく、私の名前で話す権限は彼にない」と怒りを表していた。

●セリエA2014-15特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP