beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

決勝はやはり“永遠のライバル”アメリカ戦…宮間「W杯は渡さない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

[7.1 女子W杯準決勝 日本2-1イングランド エドモントン]

 決勝の相手はやはりと言うべきか、アメリカとの対決になった。前回大会、ロンドン五輪と主要大会はこれで3回連続の激突。なでしこキャプテンMF宮間あやは「アメリカにはオリンピックで金メダルを持っていかれているので、W杯では渡さない気持ちでやりたい」と力を込めた。

 幕切れは突然やってきた。1-1で迎え、延長戦も見えた後半アディショナルタイム2分、カウンターからいれたMF川澄奈穂美のクロスがDFローラ・バセットに防がれるが、これがクロスバーを叩いてゴールラインを越える。後半、我慢の展開が続いたなでしこが劇的勝利を飾った。

「チーム全員の力だと思う」と誇った宮間。「とにかくチームの力だと思う。相手のアンラッキーなゴールですけど、気持ちで押し切れたんじゃないかなと思います」と納得の表情を浮かべた。


●女子W杯2015特集

TOP