beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

チェフが明かす背番号33を選んだ“意外”な理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

 チェルシーからアーセナルへ移籍したGKペトル・チェフの背番号が「33」に決まった。

 アーセナルではGKボイチェフ・シュチェスニが1番、GKダビド・オスピナが13番を付けており、チェフが何番を付けるか注目されていたが、自ら「33」を選んだようで、自身の『Twitter(ツイッター)』では「プレミアリーグで333試合に出場し、33歳で新たな挑戦が始まる。簡単な選択だったよ」と、“意外”な理由を明らかにしている。

 04-05シーズンからプレーしたチェルシーでは昨季までの11年間で計333試合に出場。今年5月に33歳となったベテランGKは「チームの背骨の1本になりたい。背骨は33本の脊椎で構成されているからね」とも述べている。

●2015-16シーズン欧州移籍情報
●プレミアリーグ2015-16特集

TOP