beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

本田、長友先発出場のミラノダービーはメクセスの超絶弾で決着

このエントリーをはてなブックマークに追加

[7.25 IC杯 ミラン1-0インテル 深セン]

 インターナショナルチャンピオンズ杯の中国ラウンドが25日に開幕した。「ミラノダービー」が行われ、ミランインテルを1-0で下した。

 ミランに所属するMF本田圭佑と、インテルに所属するDF長友佑都はともに先発出場した。

 前半は本田が躍動した。前半11分、左サイドから高精度のクロスを入れると、DFロドリゴ・エリーの頭に合わせる。同13分にはFWエムベイェ・ニアンに絶妙なラストパスを通す。同32分、ドリブルで持ち込みニアンにラストパス。同39分にはショートコーナーを受けると、大きなクロスボールを入れて、エリーに合わせる。いずれも得点にはつながらなかったが、存在感を見せつけた。本田は前半のみでピッチを後にした。

 一方の左SBで先発した長友も得意の攻撃参加で存在感を示す。前半42分に深い位置まで切り込んでクロスを上げると、後半4分には積極的にシュートを放つ。長友は後半32分まで出場。ピッチ外での話題の多い長友だが、プレー面でアピールを続けた。

 試合は超スーパーゴールによって決着がついた。ミランは後半17分、左サイドからのCKを獲得すると、本田と交代で入ったMFジャコモ・ボナベントゥーラのクロスボールをエリア外で待ち受けたDFフィリップ・メクセスがジャンピングボレーで合わせる。シュートが枠内を捕えると、スタジアムを埋めつくした中国人サポーターの盛り上がりも最高潮。シニシャ・ミハイロビッチ監督を迎えた新生ミランが、今季初のミラノダービーを制した。


●インターナショナルチャンピオンズ杯2015特集

TOP