beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

金沢また勝てず8戦未勝利…千葉、長崎がPOライン勝ち点1差に接近

このエントリーをはてなブックマークに追加
 J2第27節が1日に行われた。ザスパクサツ群馬FC岐阜の一戦が雷のため中止となったが、10試合が各地で行われた。

 プレーオフラインの戦いが混とんとしている。5位のツエーゲン金沢は敵地で水戸ホーリーホックと対戦。前半12分にCKをDF太田康介がヘディングで合わせて先制。しかし後半25分に水戸のFW馬場賢治に3試合連続弾となるゴールを許して、1-1で引き分けた。金沢の勝ちなしは8戦に伸び、そのうち6度目のドローゲームになった。

 6位のアビスパ福岡はホームで大分トリニータと対戦。1点ビハインドで迎えた後半22分に今夏加わったFWウェリントンの加入後初ゴールで同点に追いつく。しかし逆転まではいかず、1-1で終了。2戦連続ドローで勝ち点1を積み上げるにとどまった。

 PO圏外の7位ジェフユナイテッド千葉はホームで徳島ヴォルティスと対戦。前半33分に挙げたMF谷澤達也の右足弾を守り抜き、1-0で勝利した。千葉の勝利は7月4日の岐阜戦以来、6戦ぶりとなった。

 8位のV・ファーレン長崎もホームで横浜FCに2-0で快勝。前半アディショナルタイムにFW上形洋介がPKを決めて先制すると、後半33分には途中出場のFW佐藤洸一が追加点を挙げた。

 この結果、5位、6位は勝ち点1ずつ、7位、8位が勝ち点3ずつを積み上げたことで、順位変動こそなかったが、4チームが勝ち点1差にひしめく大混戦になった。また、C大阪に勝利した愛媛FCも勝ち点3差の9位に浮上しており、今後も混戦状態が続くことは必至だ。

 次節、第28節は8月8日に行われる。

▼関連リンク
[J2]第27節 スコア速報

TOP