beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[総理杯]元C大阪MF後藤が同点弾!!高知大はPK戦の末に仙台大撃破、鹿屋体育大&北陸大も初戦突破:1回戦

このエントリーをはてなブックマークに追加
 第39回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメントが7日に開幕した。8校が戦った1回戦では、北海道教育大学岩見沢校(北海道)、鹿屋体育大(九州2)、高知大(四国)、北陸大(北信越)が勝利し、2回戦へ駒を進めた。

 鹿屋体育大は常葉大学浜松キャンパス(東海2)に4-2で勝利した。前半29分に先制点を奪われたものの、同35分にMF中原優生が同点弾。1-1で前半を折り返す。

 後半8分にはPKを献上。これを決められて常葉大に2度目のリードを許すも、5分後にFW森川和命のシュートで2-2に追いつく。その後も必死に仕掛ける鹿屋体育大は、後半37分に途中出場のFW片井巧のゴールでついに逆転。1分後にはDF福森勇太がダメ押しの4点目を決めた。そのまま試合は終了。鹿屋体育大は4-2で勝利し、2回戦へ駒を進めた。

 高知大仙台大(東北)と対戦。後半10分に仙台大のMF児玉昇に直接FKを決められるも、同26分に途中出場した元セレッソ大阪MF後藤寛太のゴールで1-1に追いついた。

 90分間で決着は着かずに迎えたPK戦。先攻・仙台大の1、4人目のシュートをGK亀岡秀平がしっかりストップ。守護神の奮闘に応えて4人が決めた高知大は1-1(PK4-3)で勝利した。

 北陸大は34年ぶりの出場となった大阪経済大(関西4)と対戦。PK戦突入かと思われた試合終了間際のアディショナルタイム1分にゴールは生まれる。GK谷垣大輔が前線へ蹴り入れたボール。MF磯貝誓が頭で落とすと、最後はMF菅原悠平がシュートを決めた。これが決勝点となり、北陸大が1-0で勝利。土壇場で奪ったゴールで初戦突破した。

 2回戦は10日に行われ、岩教大は明治大(関東1)と鹿屋体育大は2連覇中の流通経済大と激突。北陸大は筑波大(関東2)と、高知大は関西王者・関西学院大と対戦する。

■1回戦(8月7日)

[J-GREEN堺メインフィールド]
[1]北海道教育大学岩見沢校(北海道) 3-3(PK5-4) IPU・環太平洋大(中国)
[北]加藤大登(12分=補・小泉洋生)、高橋純平(17分=補・小泉洋生井端純ノ輔(72分)
[環]中舛健人(20分=補・梶山勝矢)、前田匠(31分=補・梶山勝矢)、梶山勝矢(57分=補・甲斐慎也)

[2]鹿屋体育大(九州2) 4-2 常葉大学浜松キャンパス(東海2)
[鹿]中原優生(35分=補・松田天馬)、森川和命(58分=補・下坂晃城)、片井巧(82分=補・松田天馬&原亮平)、福森勇太(83分)
[常]大野耀平(29分=補・遠藤維也&登崎雅貴)、遠藤維也(53分)

[ヤンマースタジアム長居]
[3]仙台大(東北) 1-1(PK3-4) 高知大(四国)
[仙]児玉昇(55分)
[高]後藤寛太(72分=補・曽根友祐&山崎一帆

[4]北陸大(北信越) 1-0 大阪経済大(関西4)
[北]菅原悠平(90分+1=補・磯貝誓&谷垣大輔)


●第39回総理大臣杯特集

TOP