beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

武藤弾で追いつくも1勝もできず…日本は東アジア杯初の最下位

このエントリーをはてなブックマークに追加

[8.9 東アジア杯 日本1-1中国 武漢]

 日本代表は9日、東アジア杯最終戦で中国代表と対戦し、1-1で引き分けた。前半10分に先制を許すと、同41分にMF武藤雄樹の今大会2得点目で同点に追いついたが、勝ち越しゴールを奪うことはできなかった。2分1敗の日本は勝ち点2となり、史上初の未勝利&最下位という結果に終わった。

 日本は5日の韓国戦(1-1)から先発6人を変更し、DF米倉恒貴、DF丹羽大輝、GK東口順昭が先発でA代表デビュー。米倉は左SB、丹羽は右SBに入った。FW川又堅碁、FW宇佐美貴史、武藤は2日の北朝鮮戦(1-2)以来、2試合ぶりの先発復帰。FW永井謙佑、MF山口蛍、DF森重真人、DF槙野智章、DF遠藤航の5人は今大会3試合連続のスタメンとなった。[スタメン&布陣はコチラ]

 勝てば地元で優勝の決まる中国と、引き分け以下なら史上初の未勝利&最下位で大会を終えることになる日本。前半4分、武藤の右CKがファーサイドに流れ、宇佐美が右足ミドルで狙ったが、惜しくもクロスバーを叩いた。

 すると前半10分、ホームの後押しを受ける中国が先制する。右サイドのスローインからPA内でFWガオ・リンがキープ。MFウー・シーにつないでマイナスに落としたボールをFWウー・レイが右足ダイレクトで振り抜いた。シュートはブロックに入った丹羽に当たってコースが変化。必死に体を伸ばした東口も届かず、ゴール左隅に吸い込まれた。

 完全アウェーの雰囲気の中、中国の勢いに押されて先制を許した日本。左SBで代表デビューの米倉が果敢な攻撃参加から相手PA内へ走り込むシーンをつくるが、なかなかフィニッシュまで持ち込めない。逆に前半27分には1本のロングパスでピンチを招き、ウー・レイに最終ラインの背後を取られたが、米倉が懸命に戻り、ウー・レイはシュートを打ち切れなかった。

 1点ビハインドの展開が続く日本だったが、少ないチャンスを生かした。前半41分、槙野が高い位置まで持ち上がり、左サイドのスペースへスルーパス。オーバーラップしてきた米倉が左足ワンタッチでゴール前に折り返すと、走り込んだ武藤がスライディングしながら右足で押し込んだ。武藤はデビュー戦ゴールを決めた北朝鮮戦に続いて今大会2得点目。代表デビューから出場試合2戦連発は、前回大会でFW柿谷曜一朗が記録して以来、史上6人目の快挙となった。

 1-1の同点に追いついて前半を折り返すと、後半は台風の接近に伴い、雨風が猛烈に強まる悪コンディションの中の試合となった。徐々にペースを握り始める日本は後半6分、左サイドから中に切れ込んだ米倉が思い切りよく右足ミドルを狙ったが、ゴール右へ。同16分には最初のカードを切り、川又に代えてFW興梠慎三をピッチに送り込んだ。

 後半26分、永井が前線からプレスをかけ、興梠も連動。高い位置でボールを奪い、山口のヒールパスを受けた武藤がPA内に切れ込み、右足でシュートを打ったが、GKのセーブに阻まれた。同29分には武藤に代えてMF柴崎岳を投入。柴崎はそのままトップ下に入った。

 後半38分、永井に代えてFW浅野拓磨を投入し、交代枠を使い切る。勝って大会を終えたいところだったが、2点目が遠く、1-1のままタイムアップを迎えた。2分1敗の勝ち点2となり、1勝も挙げられず、史上初の最下位に終わった日本。大会は1勝2分で勝ち点5の韓国が3大会ぶり3度目の優勝を飾っている。

(取材・文 西山紘平)

●東アジア杯2015特集
不満、言い訳、強がり…対アジア4戦未勝利のハリル「私はフットボールを知っている」
収穫は遠藤、武藤の“発見”ハリル「2、3人の良い選手が見つかった」
ハリルも認めた「理想」のゴール、武藤が2戦連発で大会得点王に
A代表で2つ目のポジション…“ボランチ遠藤”も確かな実力
本人も驚いた左SB起用、米倉がデビュー戦でアシスト
右SBで先発デビューの丹羽、失点は「残念な形」
4年越しの代表デビュー…東口「特別なものを感じた」
柴崎「結果は出なかったけど、ある程度手応えをつかめた」
全3試合フル出場の槙野「良いゲームをしても結果がすべて」
監督会見

TOP