beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

GK秋元が「捨て身」のセーブ、湘南が川崎Fに逆転勝ちで第2S4位タイに

このエントリーをはてなブックマークに追加

[8.22 J1第2ステージ第8節 湘南2-1川崎F BMWス]

 湘南ベルマーレはホームで川崎フロンターレに2-1で逆転勝ちし、2試合ぶりの勝ち点3を手にした。これで第2ステージは4勝2分2敗の勝ち点14となり、4位タイに付けている。一方の川崎Fは2連敗で3試合勝ちなし(1分2敗)となった。

 試合はいきなり動いた。湘南ボールでキックオフしたが、自陣でのパスミスを川崎FのFW杉本健勇がカット。そのままFW大久保嘉人とのパス交換で相手ゴールへ迫ると、最後は杉本のリターンパスを大久保が左足でゴールに流し込んだ。

 立ち上がり早々にミスから失点した湘南だが、すぐに取り返す。前半11分、川崎Fは自陣深い位置でのビルドアップでDF武岡優斗がコントロールミス。こぼれ球を素早く拾ったFW藤田祥史がGK新井章太もかわして左足で無人のゴールに押し込んだ。

 互いに相手のミスを突いて得点を奪い合った両チーム。湘南は前半27分、左FKのこぼれ球をMF永木亮太がミドルシュートで狙ったが、GKの好セーブに阻まれる。川崎Fも同38分、MF中村憲剛のスルーパスを受けた杉本が中央に入れ、大久保が右足を振り抜いたが、シュートはGKの正面を突いた。

 1-1で折り返した後半も一進一退の攻防が続く。川崎Fは後半20分、大久保が左サイドに開いた杉本にパスを送り、杉本は中に持ち込んで右足ミドルを狙ったが、ゴール右へ。なかなかチャンスを生かせずにいる川崎Fに対し、湘南は後半31分、右サイドを駆け上がってきたMF古林将太のクロスに途中出場のFWアリソンが頭で合わせ、2-1と逆転に成功した。

 その後は川崎Fが猛攻に出るが、GK秋元陽太が立ちはだかった。FW船山貴之のシュートを1対1で防ぐと、後半アディショナルタイムにはゴール前混戦の中、DF井川祐輔のシュートも至近距離でストップ。試合後のインタビューで「捨て身で読んで、それがたまたまコーナーになってくれた」と振り返った守護神は「みんなが走って(戻って)きてくれたから。みんなの力だと思う」と、チーム全員で勝ち取った勝利と胸を張った。

[J1]第2ステージ第8節2日目 スコア速報

TOP