beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

シュバイニーの移籍金は約12億円、独5部クラブに約250万円が支払われる

このエントリーをはてなブックマークに追加

 バイエルンからマンチェスター・ユナイテッドへ移籍を果たしたドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーの移籍金が思わぬ形で判明した。英『スカイスポーツ』が報じている。

 当初、移籍金は1500万ポンド(約28億円)だと伝えられていたが、独紙『ビルト』はその半額に近い650万ポンド(約12億円)だったと報道。真偽のほどが注目されていた。そんななか、バイエルンへ移籍した1998年。シュバイニーが13歳のときに所属していたTSV1860ローゼンハイム(5部相当)が声明を発表。

「シュバインシュタイガーの移籍には900万ユーロ(約12億1600万円)が支払われた」と明らかにし、「我々は2度の分割払いで支払いを受けることになり、顧問費用などを控除した後、我々は1万9000ユーロ(約260万円)を受け取ります。すでに8月に最初の支払いを受けており、我々は最初にプレーしたクラブとして利益を得ることができたことだけでなく、バスティアンの驚くべきキャリアを喜んでいる」とコメントした。

 またシュバイニーの移籍で得た1万9000ユーロの使用に関しては、「我々は、これからもこのチームにいる若い選手たちの育成へ力を入れていきたい。そのためのインセンティブだ。私たちはフットボールにおける高度な教育を行うために、これを使いたいと思っている」と説明している。

●プレミアリーグ2015-16特集
●ブンデスリーガ2015-16特集

TOP