beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

横浜FMが先制も…湘南MF永木の強烈FKで神奈川ダービーはドロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
[9.26 J1第2ステージ第12節 湘南1-1横浜FM BMWス]

 BMWスタジアムで行われた湘南ベルマーレ横浜F・マリノスとの神奈川ダービーは、激闘の末1-1で引き分けに終わった。湘南は3試合連続で引き分けもJ1残留へ前進。更なる上位を目指す横浜FMにとっては7試合負けなし(5勝2分)も手痛いドローとなった。

 開始からお互いに出足の早いプレスで思うような攻撃を展開することができない。3試合連続で同じ先発メンバーで臨んだ横浜FMは前半7分、MFアデミウソンがドリブルで相手3人を引きつけてラストパス。これをFW伊藤翔が左足で狙うもゴール上に外れる。横浜FMは湘南の堅い守備にPA内でなかなかシュートを打つことができなかった。

 DF坪井慶介が第2ステージ初先発となった湘南は前半23分、FW高山薫の落としをMF永木亮太が思い切りよく右足を振り抜くも枠を外れる。同アディショナルタイムにはカウンターから決定機も、右クロスをMF菊池大介がヘッドで中央に折り返したボールはFW藤田祥史の前でDFファビオにカットされ、スコアレスで前半を終えた。

 後半もお互いに球際で厳しい攻防が見られたが、先制したのは6試合負けなし(5勝1分)で好調の横浜FMだった。後半9分、ハーフェーライン付近からDF小林祐三がロングフィード。これをPA左で受けたDF下平匠が中央に折り返すと、走り込んだ伊藤がGK秋元陽太の懸命なセーブをかわして、右足で押し込み、試合を動かした。

 1点を追う展開となった湘南は後半20分にFWキリノに代えてMF山田直輝を投入し、攻勢を強めると、後半25分に約30メートルの位置でFKを獲得。これを永木が直接狙うと、強烈なシュートが壁を越えてクロスバーに当てながらも同点のゴールネットを揺らした。

 横浜FMは後半31分にFW仲川輝人、同36分にFW富樫敬真と立て続けに若手攻撃陣を投入し、反撃に出る。湘南も同40分、左クロスからMF菊地俊介が右足ボレーを放つなどお互いに最後まで決勝点を狙ったが、ゴールネットを揺らすには至らず、1-1で引き分けに終わった。

●[J1]第2ステージ第12節 スコア速報

TOP