beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

公式戦14戦22得点のレワンドフスキがEURO予選最多得点記録に並ぶ

このエントリーをはてなブックマークに追加

[10.11 EURO予選 ポーランド2-1アイルランド]

 ポーランド代表のFWロベルト・レワンドフスキが、元北アイルランド代表FWデイビッド・ヒーリーが持つEURO予選1大会での最多得点記録に並ぶ、13ゴール目をマークした。

 ポーランドは11日、ホームでアイルランドとEURO2016予選最終節を戦った。1-1の同点で迎えた前半42分、MFクシストフ・モンチンスキの右クロスをレワンドフスキがヘッドで合わせて、これが決勝点。2-1でグループD2位を確定させ、3大会連続3回目のEURO出場を決めた。

 レワンドフスキのゴールが止まらない。9月22日に行われたブンデスリーガ第6節ボルフスブルク戦で9分間で5ゴールという圧巻のパフォーマンスを披露すると、同26日の第7節マインツ戦で2得点、さらに同29日の欧州CLディナモ・ザグレブ戦でハットトリック、今月4日の第8節ドルトムント戦で2得点をマークした。

 8日のEURO予選スコットランド戦でも2得点を記録し、この日も得点したことで直近の公式戦6試合で15得点を記録。ゴールを量産し続けるレワンドフスキは、今季の通算では公式戦14試合で22得点(ブンデス12得点、DFBポカール1得点、欧州CL3得点、EURO予選6得点)としている。

●EURO2016予選特集
●ブンデスリーガ2015-16特集

TOP