beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

夏の移籍報道を笑い飛ばすベンゼマ「ここを離れる必要がない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 レアル・マドリーFWカリム・ベンゼマは、今夏の移籍市場でアーセナルへの移籍が取りざたされていた。しかし、選手自身は一度もレアル・マドリーを離れることを考えていなかったという。

 アーセナルへの移籍を考えていなかったというベンゼマは、報道を見ながら兄弟や友人たちと笑っていたという。シーズンが始まり、白い巨人のレギュラーとして活躍するフランス代表FWは、フランス『ジュルナル・デュ・ディマンシュ』にチームを離れる意思がないことを強調した。

 レアル・マドリーを退団し、アーセナルへの移籍が近づいたことはあったかと問われたベンゼマは「一度もないね」と噂を否定した。

「夏が来るたびに、僕は兄弟や友人たちと笑うんだ。むしろメディアがこうした噂を始めるのを待っているくらいさ」

「僕の考えでは、レアル・マドリーとバルセロナは、サッカー界で抜きん出た存在だ。そんなクラブをどうして離れる必要があるんだい? 世界最高のクラブでスタメンなんだ。僕は幸せだ。単純なことだよ」

 ベンゼマは今季、リーグ戦8試合中6試合に出場。チームの総ゴール数の3分の1となる6ゴールを挙げる活躍で8節を終えて首位に立つチームに貢献している。


●リーガ・エスパニョーラ2015-16特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP