beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[関東]10戦負けなしの慶應義塾大が今季初の首位奪取!!次節は首位決戦となる早慶戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

JR東日本カップ2015
第89回関東大学サッカーリーグ戦1部

 第89回関東大学サッカーリーグ戦1部の第18節が17、18日に各地で行われた。首位に立つ国士舘大明治大に1-2で敗れ、3位へ後退した。2位の慶應義塾大専修大と対戦。土壇場で追いつき、2-2で引き分けると、今季初の首位に立った。3位の早稲田大流通経済大に1-0で勝利し、2位へ順位を上げている。

 3節連続で首位の座に立っている国士舘大だったが、5位の明治大に1-2で敗戦。2戦ぶりの黒星で3位に順位を落とした。前半39分にFW和泉竜司(4年=市立船橋高)に先制点を奪われると、後半5分にはFW藤本佳希(4年=済美高)に決められて0-2に放された。

 後半15分にはDF藤嵜智貴(3年=清水ユース)のゴールで1点を返すも、2点目は生まれず。得点ランキングトップに立つFW松本孝平(3年=藤沢清流高)もこの日は不発。1-2で敗れた。

 一方、前期リーグ終盤は苦しんでいた明治大だったが、首位の国士舘大を下し、5戦負けなし(4勝1分)と好調を維持。インカレ出場へ向け、着々と勝ち点を重ねると4位へ順位を上げている。

 3位の早稲田大は4位の流通経済大と対戦し、1-0で勝利した。後半35分にFW宮本拓弥(4年=流通経済大柏高)が決めたゴールが決勝点。2戦ぶりの勝利で勝ち点3を重ねると、首位の慶應義塾大と勝ち点34で並ぶ2位へ順位を上げた。敗れた流通経済大の連勝は2でストップ。5戦ぶりの黒星で5位へ後退した。

 2位の慶應義塾大は6位の専修大と激突。前半3分に先制するも、同44分にオウンゴールで1-1。迎えた後半終了間際にドラマが待っていた。後半44分に専修大がMF北出雄星(4年=三菱養和ユース)のゴールで逆転に成功するも、後半アディショナルタイム3分にこぼれを拾ったMF宮地元貴(3年=東京Vユース)が同点弾。宮地の2戦連続弾で追いつくと試合は終了。勝ち点1を分け合った。

 慶應義塾大は10戦負けなし(6勝4分)で今季初の首位に立った。次節の相手は今季のリーグ戦で最後の黒星を喫した相手・早稲田大。両者は勝ち点34で並んでおり、得失点差で10上回った慶應義塾大が首位に立っている状況だ。(慶應義塾大:+15、早稲田大:+5) 首位決戦となる早慶戦。“聖地・西が丘”での熱い戦いに期待がかかる。

 1部残留へ試練のときを迎えている最下位・中央大は10位の桐蔭横浜大と対戦し、3-4で敗れると9連敗。3度リードされ、その度に追いついたが4点目は奪えなかった。今季残り4試合となり、10位との差は勝ち点8差に開いている。

 望みをつなぎたい11位の神奈川大は8位の順天堂大と2-2で引き分けた。2点を先取されながらも、FW鈴木翔大(4年=日本航空高)の2得点で追いついてのドロー。勝ち点1を重ねたものの、10位・桐蔭横浜大が勝利したため、その差は勝ち点4差に開いてしまった。

 なお、4連敗中の9位・駒澤大は7位・法政大に2-1で勝利し、5戦ぶりの白星獲得。敗れた法政大は6戦勝ちなし(2分4敗)と苦しい状況が続いている。

【第18節】(10月17日)

[江戸川区陸上競技場]
流通経済大 0-1 早稲田大
[流]宮本拓弥(80分=補・堀田稜)

国士舘大 1-2 明治大
[国]藤嵜智貴(59分)
[明]和泉竜司(39分)、藤本佳希(49分=補・土居柊太)

[鴻巣市立陸上競技場]
中央大 3-4 桐蔭横浜大
[中]古橋匡梧(8分)、山田和輝(31分=補・古橋匡梧)、翁長聖(55分=補・古橋匡梧)
[桐]山根視来(2分=補・石川大地)、石川大地3(18分、42分、61分=補・今関耕平)

法政大 1-2 駒澤大
[法]田代雅也(77分)
[駒]中村駿(47分)、吉岡雅和(73分=補・金大生)

(10月18日)
[BMWスタジアム平塚]
順天堂大 2-2 神奈川大
[順]米田隼也2(45+1=補・進藤圭介、48分)
[神]鈴木翔大2(52分=補・徳野舜、79分=補・高橋孝友)

慶應義塾大 2-2 専修大
[慶]山本哲平(3分=補・宮地元貴)、宮地元貴(90分+3)
[専]オウンゴール(44分)、北出雄星(89分)


●第89回関東大学1部L特集

TOP