beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[選手権予選]福島県は尚志が2連覇、学法石川に苦戦もPK戦制す

このエントリーをはてなブックマークに追加

[11.7 全国高校選手権福島県予選決勝 尚志高 1-1(PK5-3)学法石川高 西部サッカー場]

 第94回全国高校サッカー選手権大会の福島県予選は7日に、郡山市・西部サッカー場で決勝戦を行い、第1シードの尚志高がPK戦の末に学法石川高を下して2年連続の全国大会出場を決めた。

 試合の立ち上がりは、圧倒的な尚志ペースだった。ボランチの佐藤凌輔を経由するサイドチェンジで相手の守備に揺さぶりをかけ、右ではMF高梨起生のスルーパスからFW小野寛之が抜け出し、左サイドではFWで起用された柳原隆二と左MF高橋大河が快足で縦に突破し、ゴール前へクロスを供給した。そして、前半16分に高梨のスルーパスで抜け出た小野が相手GKと衝突。こぼれ球を拾った柳原がGKの状態を見て、浮き球でシュートを決めて先制した。

 学法石川は、その後もピンチが続いたが、相手の抜け出しをGK古川雅弥が徹底的にセーブ。次第にMF渡辺伸や、左MF大河内秀次らが中盤で打開を図り、反撃のムードを作り上げていった。そして前半36分、学法石川はピッチ中央から10番の渡辺伸がドリブルで右へ切れ込むと、そのままサイドへパス。右MFで起用された1年生の佐藤凌はファーストタッチが乱れたが、シンプルにクロスを供給した。すると、ボールは尚志の守備陣の合間をすり抜けてゴール前へ。待ち受けた2年生の1トップ、安部光留が左へ倒れ込みながらよく押さえて打ったボレーシュートでゴール左へ流し込んで同点とした。

 学法石川は、後半に入ると相手のサイドチェンジの起点であるボランチをケア。尚志の攻撃を片方のサイドに封じ込めることに成功し、仕掛け所をきっちりと狙って跳ね返した。守備の修正からリズムをつかみ、後半早々に投入された酒井純之介らがカウンターを仕掛けた。尚志は、エースの小野がサイドから何度も突破口を作りかけたが、学法石川は徹底抗戦。GK古川が好守を連発してゴールを許さなかった。

 互いに譲らぬ一戦は、延長戦でも決着がつかず、PK戦に突入。先攻の尚志は、3本目でGKがファインセーブ。最後は小野が蹴った直後に足をつるというアクシデントに見舞われながらもキッカー5人が成功し、PK戦5-3で辛くも勝利を収めた。尚志の仲村浩二監督は「『何があっても出場権を取るのはウチだぞ』と言っていたので、よくやってくれた。前半は思い通りのサッカーができていたので、もう1点欲しかった。後半は慌ててしまった。この内容では全国大会ではやられてしまう。うちの弱点がいっぱい出た試合だった。ただ、今年は、特別に能力が高い世代ではない分、練習を増やして頑張って来た。練習量は一番。プリンスも初優勝だった。努力が実ると信じていた。この世代は、誰も脱落せずに付いて来た、信頼できる世代。去年の方が一人一人は落ち着いて戦える技術があるが、今年は、ハーモニーが生まれたときに物凄いプレーをする」と内容面に苦言を呈しながらも、最後まで戦い、勝負強さを見せた教え子たちを称えた。

 週2日だった朝練は週4日となり、少しでも先輩たちに追いつこうと努力を重ねた。その結果、全国高校総体に出場。プリンスリーグ東北でも優勝し、選手権予選も制覇と着実に好成績を挙げている。各都道府県の予選は、15日に全日程を終了し、翌16日に都内で全国大会の組み合わせ抽選会が行われる。勝負強い、努力とハーモニーの世代が過去最高の全国ベスト4超えを狙う。

(取材・文 平野貴也)
組み合わせ抽選会は11月16日!!
運命の抽選会を今年も日テレジータスでは、生中継で放送。
高校サッカーの新たな歴史に名を刻むのは、どの高校か!?戦いは既に始まっている。


「夢の選手権」への切符をかけて、各地で続く熱い戦い「地区予選」!
日テレジータスでは、北は北海道から南は九州・沖縄まで47都道府県予選の決勝戦を全て放送。

※↑別サイトへ移動します
▼関連リンク
【特設】高校選手権2015
連載:高校マン・オブ・ザ・マッチ2015

TOP