beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

横浜FMは16本のシュート浴びせるも…今季最終節で松本とスコアレスドロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
[11.22 J1第2ステージ第17節 横浜FM 0-0 松本 日産ス]

 横浜F・マリノス松本山雅FCのリーグ最終戦は0-0で引き分けに終わった。

 序盤、主導権を握ったのは松本だった。前半4分、MF前田直輝の右クロスをゴール前に走り込んだMF喜山康平が左足で合わせる枠を外れる。同13分には、高い位置でボールを奪ったMF石原崇兆がそのまま左足ミドルもGK飯倉大樹に阻まれた。

 すると、徐々に流れは横浜FMに傾く。前半22分、MF中村俊輔の右CKをFW伊藤翔がヘッドもゴール左へ。同37分には、MF齋藤学が左サイドを突破し、中央に入れたボールをFWアデミウソンがダイレクトで狙うも弧を描いたボールは枠を逸れていった。

 後半も主導権を握った横浜FM。後半36分、中村が右から入れたボールを伊藤がヘッドも叩きつけたボールは枠を捉え切れず、アデミウソンがゴール前に斜めに入れたボールを齋藤が右足シュートもGK村山智彦に弾き出された。

 試合は結局スコアレスのまま終了。横浜FMは16本のシュートを浴びせたが得点を挙げることができず、第2ステージ5位、年間順位7位でに終わった。一方でJ2降格が決まっている松本は、第2ステージ15位、年間順位16位で初のJ1のシーズンを終えた。

●[J1]第2ステージ第17節 スコア速報

TOP