beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

奇跡は起こらず…千葉、最終節も黒星でPO出場権逃す

このエントリーをはてなブックマークに追加

[11.23 J2第42節 千葉 0-2 讃岐 フクアリ]

 J2は23日、第42節を行い、フクダ電子アリーナではプレーオフ出場の可能性を残す8位ジェフユナイテッド千葉と16位のカマタマーレ讃岐が対戦。逆転でのプレーオフ出場のためには勝利が絶対条件となる千葉だったが、0-2の完封負け。12年にJ1昇格プレーオフ制度が導入されて以降、千葉は初めてプレーオフ出場権を逃すことになった。

 ホームの千葉は前節岡山戦から先発を4人入れ替え、MF水野晃樹、代表から戻ったFWネイツ・ペチュニク、出場停止の明けたMF佐藤勇人とMFパウリーニョを先発起用。一方の讃岐は前節岐阜戦から先発2人を入れ替え、DF高橋祐治と出場停止明けのMF岡村和哉がスターティングメンバーに名を連ねた。[スタメン&布陣はコチラ]

 試合を動かしたのは序盤から積極的にシュートシーンを作り出すアウェーの讃岐だった。前半9分、CKの流れからFW高木和正が送ったクロスの流れから、最後はDFエブソンがヘディングで叩き込んでスコアを1-0とした。さらに同17分には縦パス1本で抜け出したMF永田亮太が岡本との1対1を迎えたが、シュートは岡本にストップされて追加点とはいかなかった。

 対する千葉は前半18分、左サイドから切れ込んだ水野がシュートを放ったが、DF沼田圭悟のブロックに遭う。その後もボールを保持する時間こそ長いものの、FW我那覇和樹を前線に残して守備に重心を置く讃岐の粘り強い対応に遭い、なかなかシュートまで持ち込めない時間帯が続いた。同35分にはペチュニクの落としからパウリーニョがミドルレンジから狙うも、シュートは枠上に外れてしまう。

 讃岐が1-0とリードしたまま後半に入っても攻める千葉、守る讃岐の構図は変わらない。しかし、讃岐の堅固な守備に苦しむ千葉は決定機を創出できない。すると後半13分、MF佐藤健太郎とMF井出遥也を同時投入して状況を打開しようと試みる。同15分には左サイドから井出の送ったクロスをFW松田力がヘディングで合わせるも、シュートはゴールマウスを捉え切れなかった。

 讃岐もカウンターからゴールを脅かす場面を作り出すが、後半30分のFW木島良輔のシュートが枠を外れるなど追加点を奪えない。何とかして讃岐ゴールをこじ開けようとする千葉は同33分、FWオナイウ阿道を投入。しかし、スコアを動かしたのは讃岐だった。後方から送られたボールを木島がPA外から右足ダイレクトで合わせたボールは、鮮やかな軌道を描いてゴールマウスへと吸い込まれ、リードは2点差に広がった。

 その後、千葉は最後までゴールを狙ったが後半41分のDF富澤清太郎のミドルシュートがGK清水健太に弾き出されるなど、得点は生まれず。讃岐が2-0の完封勝利を収め、千葉はプレーオフ出場権を逃すことになった。

(取材・文 折戸岳彦)
▼関連リンク
[J2]第42節 スコア速報

TOP