beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

バーディとのトレードも断る マルティネス:「ルカクは誰とも比較できない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 レスター・シティFWジェイミー・バーディは、いまやビッグクラブが注目する存在となった。28日のプレミアリーグ第14節マンチェスター・ユナイテッド戦でも得点を決め、11試合連続ゴールのプレミアリーグ新記録を打ち立てた。

 そんな飛ぶ鳥を落とす勢いのバーディと、自クラブのエースを交換できるとしたらどうするか。そんな質問をされたエバートンのロベルト・マルティネス監督は、FWロメル・ルカクこそがチームにとっての理想的なFWだと話している。

 2012-13シーズンにチェルシーから2800万ポンドの移籍金でエバートンに加入したルカクは、それ以降リーグ戦で計52ゴールを記録している。この数字を上回るのは、62得点を挙げたマンチェスター・シティFWセルヒオ・アグエロだけだ。

「ルカクはどんな相手にとっても脅威になる、信頼を寄せることのできるサッカー選手だ」

「それなのに、彼はまだ22歳だ。その若さを考えれば、彼は誰と比較することもできない。あの年齢で彼が達成したことと同じことを成し遂げた選手は、世界でもそれほど多くはいないはずだ」

 マルティネス監督は、今後も成長が見込まれるストライカーを手放すつもりはないようだ。

「彼のポテンシャルは、私たちにとって完璧だ。彼はなんでもできるストライカーだ。相手を背負ってプレーできるし、強さ、パワーがある。それにボールを運ぶこともできて、フィニッシャーにもなる。彼のゴール記録を見れば、その意味が分かるだろう。だからこそ、私たちは彼を獲得するために巨額の投資をしたんだ」

●プレミアリーグ2015-16特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP