beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

マンチーニ、長友退場の判定に激怒 「カジェホンはシミュレーションをした」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 インテルロベルト・マンチーニ監督は、大一番でDF長友佑都が退場になったことを怒っている。長友に対してではない。彼にレッドカードを出したダニエレ・オルサト主審と、判定が正しかったとする元主審のアンドレア・デ・マルコ氏に怒っているのだ。

 30日のセリエA第14節ナポリ戦で、長友は35分にナポリFWカジェホンへのファウルでイエローカードを出されると、44分にはMFアランへのファウルで2枚目のカードを出されて退場となった。

 開始2分に先制を許していたインテルは、数的不利で後半を戦う苦しい展開となり、ナポリに2点目を奪われると、1点を返したが追いつくには至らず。首位から陥落した。

 マンチーニ監督は、カジェホンに対する長友のプレーはイエローカードに値しないと考えている。試合後、イタリア『スポーツメディアセット』の番組で、デ・マルコ氏がオルサト主審のジャッジが正しかったと話すと、マンチーニ監督は次のように怒りを表している。

「長友は2枚目のカードだけで退場になった。1枚目は明らかなカジェホンのシミュレーションだった。あの退場で試合は変わったんだ。11人同士なら、我々は負けていなかっただろう。勝っていたかもしれない」

「1枚目はカードに値するファウルじゃなかった。誠実に事実を評価するべきだ。テレビに出演するなら、真実を言うべきだ。彼らの自陣で、重要なプレーにおけるファウルでもなかった。カードに値するプレーではなかった。これはサッカーなんだ。卓球やバスケットボールじゃない。コンタクトはあるものなんだ。こういうプレーでカードを出すべきじゃない」

 マンチーニ監督の怒りは収まらない。

「とてもオープンな試合だったが、あの判定で台無しになった。このように選手を退場させるなんて、あり得ないからね。まるで、美しい女性とデートするよりも選手を退場にする方が良いみたいだ。すべての重要な試合で数的不利になるわけにはいかない。我々はこの敗北に値しなかった」

 イタリア『スカイ・スポーツ』でも、マンチーニ監督の恨み節は続く。

「素晴らしい試合で、拮抗していた。勝ちたかったが、ナポリはリーグ有数のチームだからね。残念ながら、ひどい退場があった。バカげている。ジャッジのミスがあった。(長友に対する)1枚目のカードはカジェホンのシミュレーションによるものだった。2枚目については、すでに1枚もらっていることを分かっていた長友がもっと気をつけることもできたはずだがね」

●セリエA2015-16特集
●欧州組完全ガイド
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP