beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[大学選手権]プロでの飛躍誓う慶大攻守の要2人、端山「あの一本を教訓として」

このエントリーをはてなブックマークに追加

[12.10 全日本大学選手権2回戦 大阪体育大 1-0 慶應義塾大 江戸陸]

 プロ入りすることが決まっている慶應義塾大の攻守の要、CB久保飛翔(4年=済美高、岡山内定)とMF端山豪(4年=東京Vユース、新潟内定)が新たなステージでの飛躍を誓った。大阪体育大に0-1で競り負けた試合後、久保は「(プロ)1年目は絶対に大事ですね。自分の強味をしっかり出せれば絶対にチャンスはあると思います。色々な人のプレー見ながら一年一年成長していければ。(CBには日本代表経験のある)岩政さんというお手本もいるんで勉強しつつ強化します」と語り、端山は「来年は開幕戦からチームに貢献してひとつでも上の順位にチームを導いていけるような活躍をしていきたい」と誓った。

 この日、久保はC大阪内定のFW澤上竜二(4年=飛龍高)をケアしながら大阪体育大の封じていた。だが、ロングボール、カウンター中心の攻撃など徹底してきた相手にゴールをこじ開けられてわずかな差で敗戦。「悔しさはもちろんありますし、もっとできたんじゃないかと思う」と悔しがった。

 一方、すでにJ1でのプレー経験を持つ端山は勝敗を分ける1プレーの大切さを改めて実感していた。0-1の後半30分、端山はゴール正面、PAやや外側でボールを持つと、DFの逆を付く形で左足ミドル。鋭い軌道を描いたボールはクロスバーを叩き、ピッチへ跳ね返った。「何cmか届かなかった」と振り返る一撃。決まっていれば同点だったが、結果的に数cmの差でゴールラインを越えなかったシュートが勝敗を左右した。端山は「プロでも、インカレでもあの一本を決めることが大きい。あの一本を教訓としてトレーニングしていかないといけない」と成長の糧にすることを誓っていた。

 端山は後輩たちへ向けて「1年間はあっという間だから、特に3年生はそうですけれど、残り1年間を大切にしてほしい。最後の1年が今、スタートしたという気持ちで最後の1年、大事にしてと伝えたいです」。自身もこれからの1分、1秒を大事にして、大学サッカーで学んだことをプロの世界で活かす。

[写真]慶大MF端山は一本のシュートを今後への教訓とする

(取材・文 吉田太郎)
●第64回全日本大学選手権特集

TOP