beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「一層強くなりました」という思い。鹿島ユースの千葉主将は大学経て鹿島で再び主将になる目標果たす

このエントリーをはてなブックマークに追加

[12.12 高円宮杯チャンピオンシップ 鹿島ユース 1-0 G大阪ユース 埼玉]

 日本一のキャプテンになった。鹿島アントラーズユースのMF千葉健太主将は「立ち上がりからウチの持ち味を出せたというか、球際厳しく行くところだったり、セカンドボールのところだったり、相手は足下で繋ぐところだったり相変わらず上手かったんですけど、そこの一歩のところで立ち上がりから全然負けていかなかった。それが結果に繋がった試合だった」と胸を張った。

 強烈なメンタリティーでチームを牽引。2年生だった昨年のプレミアリーグEAST後期初戦(8月)からキャプテンマークを巻いてきた千葉はこの日、相手エースのFW高木彰人のマークを徹底した。「(高木は)迷っていたら一瞬で決めてくる。その精度だったり、技術があると思ったんで、そこは迷わず、インターセプトを狙うイメージで前に一歩出ようかなとは常に思っていました」。そのパワフルな突破を身体ごとぶつかるようなディフェンスで食い止めるなど、自分がやるべきことを迷うことなくやり通してタイトルをもたらした。

 2年時は「周りに支えられて突っ走ってきた」。自身がキャプテンをしているというよりも、先輩たちからキャプテンマークを預かっているという気持ちで「とにかくがむしゃらにプレーすることだけ考えていた」という。だが、3年になり勝てない時期も経験。自分がもっとチームを勝たせないといけないという自覚が芽生え、その中で誰よりも走ってチームに勝利をもたらす存在となってきた。

 千葉は大学を経て4年後に「絶対に戻ってきて鹿島で戦えるように頑張ります」という誓いを立てている。その思いはこのチャンピオンシップを経てまた大きくなった。「自分らの力だったり、技術だったりガンバさんに比べたら高いものじゃないんですけど、自分たちの力を知ってその中で全員がチームの為に100パーセント一生懸命やるということはどれだけ大切か(鹿島ユースで)教わってきましたし、それをやってきてここまで続けてきたからこの結果に繋がったと思います。支えてくれる人たちを思って信じてやれるのがこのクラブの良さ」と語った千葉は、「改めてこのクラブの素晴らしさや勝つ事の素晴らしさを学べたので(鹿島に戻ってくるという思いは)一層強くなりました」。中盤の底の位置で相手の攻撃を潰し、チームを鼓舞するなど鹿島ユースでは絶対的な存在だった千葉にとっても、常勝軍団・鹿島のトップチームの一員になるためにはこれから並大抵ではない努力が必要になるだろう。だが、千葉にはそれを乗り越えて鹿島に戻り、鹿島のキャプテンマークを再び巻いて勝利するという強い意志がある。

(取材・文 吉田太郎)
▼関連リンク
2015プレミアリーグ

TOP